SexyZone中島健人、SixTONESに屈辱の過去!?
※画像はイメージです

 1月6日放送の『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)で、Sexy Zoneの中島健人(24)がジャニーズJr.時代に味わった悔しい思い出を告白した。

 この日の番組後半、アスリートの教育法がVTRで紹介されたことに関連し、千原兄弟千原ジュニア(44)からSKE48に所属していた当時の教えを尋ねられた松井玲奈(27)は「“これしなさい、あれしなさい”はなくて、もう本番やったもん勝ちみたいな」と答えると、メンバーが多いゆえに努力したSKE時代のエピソードを語り始めた。

 松井玲奈によると、テレビの音楽番組でパフォーマンスを披露する際、前にいるメンバーの間に自分が映り込む瞬間があったら、そうしたチャンスを逃さないように心掛けていたという。松井の告白に対してMCを務める予備校講師でタレントの林修氏(53)らが驚きの声を上げる中、中島健人は「松井さんの言ってることすごい分かって」と松井に共感。「いかに隙間から個性を出すかが、ジュニア時代の一番大事なことだったんですよ」と自身の過去を振り返った。

 また、中島健人はジャニーズ事務所の教育法について、「ジャニーズって入所順に先輩、後輩決まるんで」と言うと、自分が中学生でも先に入所していた先輩の小学生には、「おはようございます!」とあいさつしなければいけないと説明。さらに中島が中学3年生のときに小学5年生の先輩から「どう? 中学楽しい?」と声をかけられたと明かし、「すごい悔しかったですね」と当時の心境を明かすと、共演者たちは思わず大爆笑していた。

 一方、中島健人のファンはその小学生が誰なのか気になったようで、ネット上では相手を突き止めようとする動きも。中島との年齢差と小学生で入所という情報から推測したのか、一部のファンは「ケンティーのいう小5って慎太郎?」「慎太郎に思えて仕方ないんだけど」「慎太郎。言いそうー」など、その小学生はSixTONESの森本慎太郎(21)ではないかと盛り上がっていたが……真相はいかに!?

あわせて読む:
・キンプリの平野紫耀「電柱とケンカ」天然発言の破壊力がすごい
・『初耳学』林修先生が『ケンミンSHOW』でっちあげを指摘!?
・Sexy Zone中島健人が挙げた、出世しそうなジャニーズ後輩にファン納得「さすがケンティー」