globe・KEIKO、約1年ぶりのツイッター再開にファン歓喜
※画像はKEIKOのツイッターアカウント『@k's tenki』より

 1月14日、globeのKEIKO(46)が、約1年1か月ぶりに自身のツイッターを更新。ツイッターを再開することをファンに向けて宣言した。

 現在療養中のKEIKOは、2017年12月11日に「お休みなさい」とツイートして以来ツイッターを停止していたが、14日に久々に更新。「お久しぶりです。Twitter再開しようと思いまーす」「よろしくお願いします」というKEIKOのツイートに、再開を喜ぶファンのコメントが殺到した。

 さらに続けて、KEIKOは「今日は、かわいこちゃんの誕生日で…」「嬉しくなって、ツイートしちゃいました」とつづっており、ほほ笑ましい交流がうかがえる内容だった。

 このむじゃきなツイートにも、ファンからは「かわいこちゃんって誰なんだろう?」「かわいこちゃん、おめでとう」といった温かいメッセージが多数寄せられた。

 2011年10月、KEIKOは自宅でくも膜下出血を発症し、5時間に及ぶ大手術を受けた。以後、病気療養に専念するため表舞台からは姿を消していたが、昨年1月に夫の小室哲哉氏(60)は、KEIKOが高次脳機能障害を患っていることを公表。小学4年生ぐらいの漢字ドリルを楽しそうにやっていると明かしていた。

 これからもKEIKOのツイッターは、ファンの注目を集めそうだ。

※画像はKEIKOのツイッターアカウント『@k's tenki』より

あわせて読む:
・マーク・パンサーが語った「小室哲哉への思い」に感動の声
・宇多田ヒカル以外も!? ミスチル、ELT、スピッツ…小室哲哉が「負けた」と語るアーティストたち
・「安心した」「もう歌はダメかも」…「globe」KEIKO4年ぶりの声にファンは複雑な心境