『ボヘミアン・ラプソディ』より気になる!? 映画化「日本のバンド」で一番見たいのは?
※画像はイメージです

 2018年、伝説のロックバンド“QUEEN”の歴史をたどる伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』が大ヒット。当時熱狂していたファンはもちろん、リアルタイムではない若い世代からも称賛されている。

 このヒットを受け「もし日本のバンドを映画化をするなら、どのバンドを見たいか」アンケートを実施。10~50代の男女200人が映画化を希望する日本のロックバンドトップ3は!?

 第3位(6.5%)は、“ONE OK ROCK”。

 森進一森昌子夫妻の息子Takaがヴォーカルを務めるバンドで、先進的な音楽性とパワフルなライブパフォーマンス、Takaの圧倒的な歌唱力が魅力。今や日本のみならず世界でも通用するロックバンドとして、若い世代から絶大な支持を得ている。

 ワンオクを選んだ人たちは、20~30代が中心。「昔は小さいところでパフォーマンスをしていたが、今では海外ツアーもしている」(22歳/女性/主婦)、「奥深いストーリーになりそう」(20歳/女性/学生・フリー)、「ボーカル自身が苦難を乗り越えているし、デビューしてからも活動休止しなければならなかったりとバンド自体も苦難を乗り越えて、今は世界でライブをしているバンドになったので映画になるなら見てみたいです」(37歳/女性/主婦)など、バンドのサクセスストーリーを見たいという声が多かった。

 第2位(8.5%)は、2018年末の『NHK紅白歌合戦』の大トリも記憶に新しい、国民的バンド “サザンオールスターズ”。

 1978年にデビュー、40周年を迎えたサザンを選んだのは、サザンの音楽とともに青春を過ごした50代がメイン。「グループの長い歴史を知りたい」(37歳/男性/コンピュータ関連以外の技術職)、「長年にわたって大ヒットを出し続けている秘訣や仲間との絆に興味がある」(51歳/女性)、「第一線に居続けるのは奇跡だと思うから」(55歳/女性/総務・人事・事務)など、あらためてサザンの歴史を振り返ってみたいという意見が多数だった。

 そして圧倒的な票数で、第1位(16.0%)に輝いたのは“X JAPAN”。

 ToshIの洗脳事件や、バンドメンバーの死など、さまざまな苦難を乗り越えた、生きる伝説的バンドだ。『紅』『ENDLESS RAIN』など、名曲も多く、デビュー当時からの熱狂的なファンも多い。

 X JAPANを選んだのは、10~50代の幅広い人たち。「一世を風靡した。今でも人気だから」(19歳/男性/学生・フリーター)、「こんなに数奇な運命を歩いてきたドラマティックなバンドが他にいるだろうか」(37歳/男性/会社経営・役員)、「まさに伝説。日本のロックバンドといえば彼らだから」(29歳/男性/営業・販売)、「世界で活躍しているし、人間ドラマも描けそうだから」(57歳/男性)、「紆余曲折のストーリーと、美しい音楽が期待できそう。迫力あるステージが見られそう」(47歳/女性/主婦)と、バンドとしての実力はもちろん、メンバーそれぞれが歩んできた人生がすでに映画的だという声が見られた。

 ちなみに第4位には、同率で“Mr.Children”と“BOOWY”、第6位には“GLAY”の名前が挙がっていた。

 どのバンドの映画も見てみたい!

アンケートサイト「ボイスノート」調べ
http://www.voicenote.jp

あわせて読む:
・菅田将暉は3位! 2018年「一番輝いていた」イケメン俳優は!?
・大人気漫画『きのう何食べた?』実写ドラマ化! 西島秀俊と内野聖陽がカップルに!!
・叶恭子『眠れる森の美女』コスプレに「実写レベル」と絶賛の声