霜降り明星、先輩芸人を批判に疑問の声「調子乗っている」
画像はイメージです

 1月19日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に、お笑いコンビのダイアンが出演。後輩である霜降り明星の粗品(26)から「お笑いがへたになっている」と指摘される場面があり、ネット上で話題となった。

 この日は、ダイアンの西澤裕介(41)と津田篤宏(42)が“ゲスト向上芸人”として登場。芸歴19年というダイアンに対し、麒麟川島明(39)は「おまえらは恥ずかしい!」とクレームをつけると、自身を含む芸人仲間が千鳥に続くコンビとしてダイアンをプッシュしたにもかかわらず、出演させた番組スタッフからの評判がイマイチだったことを明かした。

 すると、その話を聞いていた今田耕司(52)もダイアンについて「大阪で売れたのも、手違いやからね」と衝撃発言。今田によると、2007年にダイアンの『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)の決勝進出が決まった際、関西のテレビ局が一斉に「ダイアンは優勝してブレイクする」と青田買いをして、レギュラー番組が一気に増えたのだという。

 しかし残念ながら、『M-1』では7位という期待はずれの結果に。そんなダイアンについて、今田耕司が優勝詐欺だと批判すると、津田篤宏は「なんで詐欺やねん!」と今田に猛抗議。一方、相方の西澤裕介は「緊張したんですよ」と当たり前の言い訳をして、今田から「みんな(緊張)する」とツッコまれた。

 そんな中、霜降り明星の粗品は先輩芸人から高い評価を受けているダイアンのお笑いについて「正直、僕ら20代はピンと来てない」と一刀両断。さらに「(ダイアンが)東京の番組とか大きい番組に出ているとき、テレビ見ながら応援してるんですけど、津田さんがキレるのがちょっと早くて」とダメ出しすると、「東京に行って、ちょっとお笑いへたになってるんです」と指摘した。

 そうした批判的な声を聞くやすぐさまキレ出した津田篤宏に対し、MCの明石家さんま(63)が「早いねん!」とツッコんだところ、西澤裕介も「パッと火がつくのが早い」と津田の沸点の低さに同意。また、2人で漫才を披露した際、ツッコミ担当の津田が「もうええわ!」という締めの言葉を忘れてしまったことが明かされると、津田のダメさ加減に共演者たちは大爆笑していた。

 ダイアンに対する粗品の指摘は的確だったかもしれないが、後輩芸人が先輩のお笑いについて意見したことに対し、違和感を感じた視聴者は多かったようだ。ネット上では「ダイアンおもんないとかM-1取って調子乗ってるな〜」「霜降りのダイアン批判は早すぎるし失礼や」「粗品がダイアンの津田のこと偉そうに言ってんの違うと思う」など、粗品の態度を批判するコメントが相次いでいた。

あわせて読む:
・『人志松本のすべらない話』、 霜降り明星・せいやの話術が話題に
・和牛・水田信二、千原ジュニアもドン引きの「潔癖ぶり」
・有吉弘行「時計の一つもない」所属事務所の冷たい扱いに不満たらたら