貴乃花の悲願達成なるか!? 稀勢の里引退「協会改革&モンゴル八百長力士」リベンジ計画
写真はイメージです

「年寄・荒磯として後進の指導にあたりたいと思います」 1月16日、引退を発表した横綱・稀勢の里。両国国技館での引退会見で開口一番、語ったのは、親方としての決意だった。

「年寄名跡“荒磯”は元幕内の玉飛鳥が稀勢の里から借りている状態でしたが、昨年4月、稀勢の里に返還され、いつでも親方になれる環境を整えていました。引退するなら地元・茨城に近い国技館でという思いは強く、初場所に賭けていたんですが……。国技館で連敗すれば引退と、覚悟を決めていたんでしょう」(スポーツ誌記者)

 初場所での引退を逃せば、国技館での次の場所は5月。「気力がなくなったんだろうね」と言うのは、元関脇の貴闘力氏だ。続けて、「万全ではないことは、体つきを見ても明らか。その状態で、玉砕覚悟で場所に臨んだって勝てません。弱いんだから。やる気があっても基礎鍛錬ができていないとダメ。ケガを前提に相撲の取り方を変えないと意味がないんだけど、この1年、それができなかった。横綱だから、周囲もそうしたアドバイスをしづらいんだろうけど、教える側のかつての番付は関係ない。稀勢の里も助言に耳を傾けられたら、もう少し綱を張れたかもしれない」(前同)

 稀勢の里は引退会見で、ケガへの質問が飛ぶと言葉を詰まらせ、涙を拭った。「2017年春場所、13日目の日馬富士戦で左肩を負傷。これが結局、力士生命の致命傷となりましたね」(ベテラン相撲記者)

 12年から初優勝を果たす17年初場所まで、6年間も大関を務めたが、「優勝を阻まれ続けた理由に、強力な“モンゴル包囲網”がありました。今でこそ、ガチンコの若手有望力士がそろい、誰が優勝するか読めない状況ですが、当時は白鵬はじめモンゴル横綱らも力の面では最盛期。“関係者なら、10日目を過ぎれば誰が勝つか予想できる”と言われており、“八百長と言われても仕方ない内容”などと書いたスポーツ紙もあったほどです」(前同)

 そんな中、「稀勢の里だけは絶対ガチンコ」(関係者)ともっぱらだったが、結果的に、それが力士生命を縮めることになったのか。「当時、ガチ力士は目をつけられ、土俵外での圧力の他、土俵上でも潰しにかかられたという噂がささやかれていました。それを恐れて包囲網に与した日本人力士も多数。そうした状況に稀勢の里も思うところがあるでしょうから、親方になるにあたり、角界浄化への意欲も密かに燃やしているのでは。モンゴル八百長力士を暴露し、リベンジすることも考えられますよ」(前同)

 元貴乃花親方の果たせなかった悲願の達成なるか。稀勢の里の逆襲が注目だ。

あわせて読む:
・Koki,と大違い!? 芸能関係者が選ぶ「ヤバイ二世」ランキング
・貴乃花、私生活の“相談相手は川崎麻世”に「大丈夫?」の声
・キンコン梶原と「生バトル」のオリラジ中田、今度は「松本人志の倒し方」を指南!?