嵐・大野智、メンバーへの“手作りプレゼント”にファン騒然
※画像はイメージです

 1月27日にグループ活動休止を発表した、のリーダーの大野智(38)が、手作りの段ボール財布をメンバーにプレゼントしたことが、ファンを感動させたようだ。

 このエピソードが紹介されたのは、1月26日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で、活動休止発表の前日のことだった。およそ2年ぶりとなる“大野くんの作ってみよう”企画で、大野は段ボールアーティストの島津冬樹さんに指導を受け、段ボール財布制作に挑んだ。

 島津さんは世界各国の街角を巡って捨てられた段ボールを拾い続け、さまざまな小物に生まれ変わらせている。大野は島津さんの作品を手に取り「分からない人には分からない。俺はこういうの分かります」とコメント。そして、段ボール財布を作るために、島津さんと商店街を歩いて素材の段ボールを集めた。

 続いて、工房で島津さんの手ほどきを受けながら、大野は段ボールを型に合わせてカット。折り紙のように折っていき、接着部にボンドを塗ってクリップで固定すると、財布の形になってきた。そこで、島津さんの財布が美術館で1万円ほどで販売されていることが話題になると、大野は「手間ひまかかるもんな」と納得し、「1万円じゃ安いかも。9万円でいいっすよ!」と、手作りの価値を大いに評価した。

 そして、捨てられるはずの段ボールで作った、世界でひとつの財布が完成。感激した大野は「段ボールを探して、良いのあったら(島津さんに)言っていいですか」と、島津さんの活動に協力したいとアピール。この様子を見ていたファンは、ツイッター上で「楽しそうに物作りする大野さん見ると、やっぱり感性が芸術家してるなーと思う」などと、2年ぶりの企画復活を喜ぶ声が寄せられていた。

 しかし、島津さんの活動を追ったドキュメント映画『旅するダンボール』の関係者がツイッターに、ロケの舞台裏エピソードとして「O.A.ではカットみたいでしたが大野くんメンバー全員にお財布を作ってプレゼントしてました」(当該投稿は削除された模様)と投稿したことでファンは騒然。

 放送後、ツイッター上では、大野のメンバーへの気持ちに感激するコメントが相次いだ一方で、「あんなに丁寧に物作りしているのに、たった8分44秒では短すぎっ! メンバー4人にもプレゼントしたとか、それも見たかったです」「どうしてカットするかな。大事なことやのに」などと、放送で一切触れられていなかったことを惜しむ声も多かった。

 また、放送翌日、活動休止を知ったファンからは「大野くん、昨日2年ぶりのコーナーやってたけど、分かっていてやってたのかな?」「この柄の段ボールはこのメンバーに……とか考えながら選んでたのかな」などと、ロケ当時の大野に気持ちを寄せる声があった。

あわせて読む:
・嵐の「愛され力」の証!? ムロ、さまぁ~ず三村、ロンブー淳らが続々メッセージ 
・嵐「活動休止会見」で出ていた「交際質問絶対NG」指令!
・元KAT-TUN・赤西仁、嵐の活動休止発表の日に“意味深”発言!?