新井浩文
新井浩文

 2月1日、俳優の新井浩文(40)が、警視庁に強制性交容疑で家宅捜索を受けていることが分かった。新井は、東京・桜田門の警視庁の任意の事情聴取を受けている。本サイトは、家宅捜索されるより前に、新井の今回の事件の疑惑を報じていた。以下が該当記事になる。

  ※  ※  ※  ※

 1月30日に発売された月刊誌『実話ナックルズ』(大洋図書)に芸能界を震撼させる、“ある疑惑”に関する記事が掲載された。

 その内容とは、北野武監督(72)のヤクザ映画『アウトレイジ』をはじめ、数々の人気ドラマや映画に出演する実力派中堅俳優の「A」が、エステ嬢に対する強制わいせつ事件を起こして現在捜査が進められており、2月にも逮捕されるのではないかという衝撃的なもの。

 記事によると、Aが事件を起こしたのは昨年8月。派遣型の高級メンズスパの常連であるAは、その日も自宅にエステ嬢を呼び、スパの施術を受けていた。店のサービスはオイルマッサージで体の老廃物を出すという健全なもの。それにもかかわらずAは過激なサービスを要求し、何度も拒否するエステ嬢を無理矢理押し倒し、行為におよんだという。

「『実話ナックルズ』では2018年10月30日発売の12月号でも俳優Aのこのトラブルを報じています。あらためてAの事件の続報をうったということは、ナックルズ編集部はAの暴行疑惑が間違いなく“クロ”だと踏んでいるからでしょうね」(芸能記者)

 記事によると、この「A」は、ドラマや映画に多数出演する俳優で、ギャンブル癖がありパチンコや麻雀が趣味。過去には何人もの美人女優との交際も報じられるなど、モテ男としても知られる人物。万が一にもAが逮捕されることになれば、芸能界に激震が走るのは間違いない。前出の芸能記者は言う。

「実は、今回のナックルズの発売前、芸能記者間でも“Aが逮捕されるかも”という情報が流れたんです。警察関係者への裏取りなど、各社、水面下での動きは始まっていますね。『ナックルズ』といえば、過去にも元TOKIOメンバーの山口達也(47)の未成年女性に対する強制わいせつ疑惑を他誌に先行して今回のAの記事のように匿名で報じ、結果的に世間をアッといわせたことがあります。『ナックルズ』のウラ情報の取材力は取材記者間でも高く評価されています」

 ある映画製作会社関係者は話す。

「Aの件は耳に入ってきています。正直、うちは関係してなくて良かったです。出演俳優が逮捕や書類送検され、撮り直しが不可能な場合、作品は放送中止やお蔵入りすることになり、テレビ局や映画製作会社は莫大な損害を被ることになります。現時点ではAの事件はあくまで疑惑の段階ですので、今後放送されるドラマや映画にも当然出演しますが、Aが出演している作品の関係者は、戦々恐々としているでしょうね……」

『実話ナックルズ』の記事によるとAの捜査は大詰め段階に入っているという。

「Aが逮捕されるかどうかの判断は、今、検察に委ねられていると聞こえてきます。検察の判断待ちということは、おそらく、証拠の部分が弱いのかもしれません。被害者の証言はあっても、物的証拠が十分でなければ、嫌疑不十分で不起訴処分になることもある。人気俳優のAの逮捕は、社会的に大きなインパクトを与えるのは間違いなく、大騒動にまでして起訴できないということになれば、今度は、検察が責められますからね。ただ、警察のほうはAの逮捕に強い意欲があると聞こえてきますね……」(前出の芸能記者)

 山口達也の事件と同様、Aの行いが、事件として公になるのだろうか!?

  ※  ※  ※  ※

 今後の捜査の行方が注目される。