ミキ・亜生「潔癖すぎる風呂の入り方」に共演者ドン引き
※画像はイメージです

 2月18日放送の『有吉ゼミ チャレンジグルメ冬の大波乱SP』(日本テレビ系)に、ミキの亜生(30)が出演。異常なまでの潔癖ぶりが明らかとなり、ネット上で話題となった。

 この日はミキの2人がゲストとして登場し、亜生の潔癖ぶりが紹介された。たとえば大阪から東京に移動する新幹線では、座席に頭をつけられないため、背中を浮かせたままの姿勢で、約3時間も座っているのだという。また、除菌ティッシュを毎月箱買いして使っているほか、部屋が汚れるという理由で兄の昴生(32)さえ、一度も自宅にあがらせたことがないのだとか。

 中でも、もっとも耐えられないのが“足裏の汚れ”だと亜生は説明。亜生によると、幼少期に芝生で遊んでいたところ、犬のフンをはだしで踏んでしまったそうで、それ以来、はだしだと石を踏んでも鳥肌が立つなど、足裏の汚れを異常なほど恐れるようになったという。

 そこで番組では、亜生がどれほど潔癖なのか検証すべく、大阪での生活に密着し、見た目に反して清潔だというお笑い芸人のこじまラテ(35)と一緒に銭湯へ行く様子がVTRで流された。銭湯では他の人間も当然、はだしなのだが、亜生は「銭湯はお湯が循環しているので、お湯はキレイ」と納得のうえで入っており、仕事終わりに通いつめているそうだ。

 だが、極度のキレイ好きというだけあり、銭湯で亜生は潔癖症ならではの行動を連発した。まず、脱衣所で靴下だけを残して服を脱いだ亜生は床に敷いたバスタオルの上ではだしになり、そのバスタオルに乗ったまま、チョコチョコと洗い場へ移動。移動する途中で足ふきマットをジャンプしたのだが、亜生はその理由について「これ(足ふきマット)が濡れている可能性があるんで」と、当然のように説明し、スタジオにいた日本テレビの水卜麻美アナウンサー(31)をア然とさせていた。

 そんな亜生の潔癖ぶりは、銭湯から帰宅すると、さらにパワーアップ。銭湯に入ったばかりなのに、真っ先に浴室へ向かった亜生は入念に足裏を洗い始め、「あ〜、気持ちいい!」と喜びの声を上げた。亜生によると、自宅の浴室で足裏を洗っているときに一番幸せを感じるそうで、「これで1日がやっと終わった」とリラックスできるのだという。そして、洗い終えた後、すぐにデコボコのある浴室の床に最適だという専用ブラシで床を洗い始めると、その徹底ぶりに有吉弘行は「素晴らしい!」と感嘆していた。

 こうした亜生の潔癖ぶりに、視聴者も驚いたようで、ネット上では「あそこまで潔癖症だとは知らなかった」「想像以上に本物の潔癖やったわ」「一生結婚できなさそう」などといった反響が相次いでいた。

あわせて読む:
・ミキの昴生、漫才スタイルを先輩に批判され激高!?
・“打ち切り連発”中居正広も知りたい!? 現役テレビマンが絶賛「本当に使える芸人司会者」
・霜降り明星、先輩芸人を批判に疑問の声「調子乗っている」