■野村周平は「家のベッドで……」

 ぶっちゃけ発言がなにかと話題になっている野村周平は、昨年5月に行われた、映画『ラブ×ドック』の舞台あいさつで、映画の内容にちなんで理想のキスのシチュエーションを告白。野村は「家のベッドとかで、何かが始まりそうなキスをされたい。“今日、なんかいい日だなぁ”というキス」とコメント。しかし、具体的ではなく想像が難しかったためか、共演者から「どういうこと?」とダメ出しされてしまう。

 そこで野村は、「女性からしてくれるのならば何でもいい。普段は男からすることが多いので、女の子からキスしてくれたらそれでいい」と再び説明したが、それでも共演者からは共感が得られず微妙な空気に。お得意のぶっちゃけ発言は鳴りを潜めていたようだ。

 積極的にいくか、受け身で待つか、理想のキスのシチュエーションはさまざまだが、いずれのキス顔も、イケメンだけに女性を夢中にさせてしまいそうだ。

あわせて読む:
・田中圭は5位!「色気のある」俳優ナンバーワンは!?
・永野芽郁、大躍進は“濃密キス&ベットシーン”から始まっていた!
・キスがうまくなる? みんな“一度はヤッてる”ちょっと恥ずかしい「キス練習」5選

  1. 1
  2. 2