加藤綾子
加藤綾子

 4月1日からスタートするフジテレビの夕方帯で、ニュース番組のメインキャスターを務めることが明らかになった、元フジテレビアナウンサーのカトパンこと加藤綾子(33)。

 カトパンが担当することになるのは、現在放送中の『プライムニュース イブニング』(月曜日から金曜日午後4時50分~7時00分)の後継番組。昨年の春、フジテレビは報道番組を『プライムニュース』というブランドに統一したが、この4月からは、わずか1年で統一名称を『Live News』に変更するという。

 その大幅な方針転換の一環として、新番組のMCに就任したカトパンだが、「番組リニューアルの話が出たのは、つい先日の1月末のことだったんです。そのため。思わぬトラブルが降りかかるかもしれない」と、放送作家が明かす。

「通常、地方の系列局の協力のもと放送される全国ネットの報道番組をリニューアルする場合には、時間をかけて系列局に根回しをするのが通常ですが、今回はそんな時間もなく、フジ報道局の幹部が1月末に急きょ、番組リニューアルを決めたんです。これにFNN系列各局は、“連絡があまりにも遅すぎる。我々をバカにしているのか”“たった1年で簡単にリニューアルするなんて何がしたいのか分からない”と怒りを露わに。関西テレビなどFNN系列局の連名でフジテレビに抗議文を出すことになったといい、現在まとめに入っていると聞いています。これまで視聴率も悪かったのに、さらにこの対応では系列局がブチギレるのも当然かもしれませんね」(前同)

 FNN系列局のフジテレビへの反発行為は、抗議文だけにとどまらないと、放送作家は続ける。

「これまで5時台にフジが制作する番組を放送していた局も、自社制作番組でやっていくことを決めたところがいくつかあるそうです。事実上のフジ切りですね。“もうつきあっていられない”というのが系列局の本音なのではと」

 なぜか、番組スタート前から四面楚歌のカトパン。かつてのスーパーエースは、古巣の新報道番組を救えるか?