小川彩佳アナと加藤綾子「34歳」報道キャスター “一人ぼっちの闘い”
加藤綾子(左)と小川彩佳アナ

 2019年に入り、“局アナ”の独立ラッシュが続いている。

 吉田明世アナ(30)は1月末でTBSを退社。テレビ朝日の宇賀なつみアナ(32)は、3月いっぱいでの退社を発表した。TBSの宇垣美里アナ(27)も3月いっぱいで退社し、フリー転身後は大手芸能事務所オスカーに所属することになる。さらに、テレビ朝日の小川彩佳アナ(34)は、1歳年上の一般男性との結婚を2月8日に発表、こちらも3月末で同局を退社し、フリーとして活動するという。

 小川アナはフリー転身後、TBS夜の看板ニュース番組『NEWS23』のメインキャスターに内定しているというのは、当サイトでも以前取り上げたが、2月28日発売の『週刊文春』(文藝春秋)でも詳細に報じている。

 同誌の記事では、昨年9月まで7年半にわたって担当していたテレビ朝日の看板ニュース番組『報道ステーション』のアナウンサーが、退社半年たたずして、ほぼ同時間帯のライバル番組へ移籍するのは極めて異例とのことで、報道で『NEWS23』移籍を知ったテレビ朝日の早河洋会長や篠塚浩報道局長ら、関係者は「テレ朝を足蹴にした」と激怒しており、テレ朝はしばらく小川アナを起用することはないと伝えている。

『文春』と同日発売の『女性セブン』(小学館)も、この異例の移籍を報じており、局アナは円満退社の場合、1年ほどは在籍していたテレビ局を中心に仕事をするのが“暗黙のルール”で、カトパンこと加藤綾子(33)もフジテレビ退社後の1年間はフジ以外の仕事は受けていなかったという。

  1. 1
  2. 2