原巨人が早くもピンチ、長嶋茂雄も頭を抱えた「V奪還の大誤算」
画像はイメージです

 5年ぶりの優勝を成し遂げるため、オフに他球団のドギモを抜く超大型補強を敢行した原巨人。2月からの春季キャンプでは、新戦力の動向が大きな注目を集めた。

「丸の加入は、他の選手のいい刺激になっていました。オープン戦でも“2番”に座り、打棒は絶好調。同じくFA移籍組の炭谷も、スタメン候補が顔をそろえたオープン戦初戦に起用されるなど、大きな期待が寄せられているようですね」(スポーツ紙デスク)

 だが、FA組が順調な一方、大型補強の懸念も囁かれている。まずは、新助っ人・ビヤヌエバ。

「昨年メジャー20本塁打の長距離砲ですが、とにかくあら粗が目立つ。キャンプ視察した評論家陣からの評価はさんざんですよ。主砲どころか、スタメンだって怪しい」(スポーツ紙記者)

 投手陣では、メジャー帰りの岩隈が、右足の違和感で調整が大きく遅れている。

「首脳陣は5月に出てきてくれればと言っていますが、もともと巨人は先発陣が豊富。結局、1軍に居場所がないなんてことも……」(球界関係者)

 だが、そんな懸念材料に輪をかけて、悲願の優勝を脅かす“大誤算”があるのだという。その発端となったのは、マシソンの出遅れだ。

「マシソンは感染症にかかって、キャンプ不参加。復帰は6月といわれています。巨人復活の最大のカギは、救援陣の立て直し。マシソンは一番計算できるリリーフでしたから、再建が早くも危うい状況となっているんです」(番記者)

 そこに飛び込んできたのが、長年、巨人の救援陣を支えてきた澤村の“先発再転向”の一報だ。

「澤村本人はリリーフにこだわっていた。事実上、原監督に“リリーフ失格”の烙印を押されてしまったということ」(前同)

 今季、巨人は守護神候補として新外国人・クックを獲得。これで上原、マシソン、澤村との“新·勝利の方程式”が完成するはずだった。

「澤村の後釜として大江、吉川光、鍬原といった若手の名前が挙がっているものの、なにぶん未知数。クックもフタを開けるまで分かりませんし、“補強するポイントが違ったんじゃないの?”なんて声も上がっています」(ベテラン記者)

 これには、アノ人もさぞかし心配しているだろう。

「かつて長嶋監督が、優勝のため一番重視していたのは、実は救援陣。今頃、ミスターは気を揉んでいることでしょうね」(同)

 開幕まであと3週間。原監督の第3次政権の船出は厳しいものになりそう⁉

 現在発売中の『週刊大衆』3月25日号ではこの他に、長嶋茂雄野村克也張本勲の「レジェンド3人の60年」の特集など、野球情報を多数掲載している。

あわせて読む:
・巨人・原辰徳はランキング9位…プロ野球「史上最高の監督」
・野村克也「巨人のここがダメ! 原辰徳も長嶋茂雄も監督の器じゃない」伝説の名将がぶった斬り!