長嶋茂雄vs野村克也vs張本勲、プロ野球レジェンド「血と涙の恩讐60年」の画像
写真はイメージです

 “グラウンドでは紳士でなくてもよい”現在、自宅でリハビリに励む巨人軍終身名誉監督・長嶋茂雄氏(83)は、系列紙の紙面で、5年ぶりのV奪還を目指すチームに、こう檄を飛ばした。「檄文はミスターには珍しく、熟考の末にひねり出したものだといいます。ミスターは“甘っちょろい考えは無用。勝つために手段を選ぶな”と訴えたわけです。天衣無縫に見えるミスターですが、実際はすさまじい闘志の持ち主。昨今の選手には、ミスターのような一流選手が秘めていたような“勝負師の魂”が欠けているように思いますね」(ベテランのプロ野球記者)

 長嶋氏、野村克也氏(83)、張本勲氏(78)は、同時代の選手。皆、球界を代表する超一流の選手だが、その人生は波乱に満ちている。「張本さんは、在日韓国人として戦中の広島で生まれ、被爆を経験しています。姉を原爆で失い、幼少期に右手を大火傷するというハンデを背負いながら、球界で活躍し、3000本安打を達成したんです」(前同)

 張本氏は、「プロになって家族に楽をさせてやりたい」という一心で球界に飛び込んできたというが、これは野村氏も同様だ。野村氏は自著『私のプロ野球80年史』(小学館)で、こう告白している。〈三歳のとき、日中戦争に出陣した父親が中国で戦病死した。女手ひとつで三歳上の兄と私を育てていかなければならなかった母親も、無理がたたったのだろう、私が小学二年生と三年生のときに二度大病を患い、一家は極貧といっても過言ではない状況に陥った〉

 野村氏は家計を助けるため、幼くして新聞配達に精を出したという。「京都府竹野郡網野町(現・京丹後市)に生まれたノムさんの実家は、野村商店という小さな雑貨屋を営んでいたといいます。それが、父親を失ってしまった。さらに、母親も子宮がんを患ってしまう。ノムさんは粗末な弁当を同級生に見られるのが嫌で、学校では隠れて弁当を食べていたそうです」(球界関係者)

 そんな中で、野球に出合った野村氏は、高校に進学してプロ入りする夢を描いた。しかし、母親から「中学を出たら働いてほしい」と懇願されたという。「ハリさんも家計が苦しく、兄の援助によって高校に進学していますが、ノムさんの場合も同様で、秀才だった兄が大学進学を断念して、ノムさんを高校に行かせてくれたそうです」(前同)

 しかし、高校に進学しても苦難は続く。「ハリさんの場合は、暴力事件に巻き込まれ、濡れ衣を着せられ甲子園に出場できなかった。ノムさんは、そもそも野球ではまったくの無名校だったので、プロスカウトの目に留まることはありませんでした」(同)

 自暴自棄になった張本氏は一時、ケンカに明け暮れたという。野村氏もプロ入りを諦めて就職を決めたが、野球部長がプロ球団に手紙を出し、野村氏を売り込んでくれた。「興味を持って夏の甲子園の予選を見に来てくれたのが、南海の鶴岡一人監督で、ノムさんは鶴岡さんの前でホームランを打ったんです」(球界OB)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4