クレジットカード“激得”利用法で、1年で40万円も!
写真はイメージです

 カードを使うだけでお金が還元される! そんなウソみたいな話が本当に存在する。誰でもできるその極意をすべて明かす!

 10月に予定されている消費税10%への引き上げ。これによる景気悪化が懸念されるとして、キャッシュレス決済した際にポイントで還元する制度が検討されている。つまり、クレジットカードや電子マネーで買い物すれば、金額の5%分(調整中)が次の買い物でお得になるというものだ。「2%の増税で5%分もらえるわけですから、キャッシュレスで払わない手はありません。今まで現金主義だった人も、これを機会にカードを使うべきです!」(女性誌記者)

 たかが5%と侮ってはいけない。この消費増税を前に、各クレジットカード会社が熱い勧誘サービスをすることは必至で、「現状でも、1枚入るだけで1万円以上の還元は珍しくありませんから、2〜3枚契約するだけで、3万円以上もらえるということになりそうです」(前同)

 しかし、その3万円だけで満足してはいけない。というのも、本誌にたびたび登場する交通ジャーナリストの村松虎太郎氏によると、なんと「クレカを駆使して年間40万円分以上還元されることもある」からだ。使うだけで丸もうけという“達人”は、いったい、どう使っているのか。「ポイントを貯めるための利用術ともいうべきものがあり、それに従うことでポイントや航空券などを得ています。一部の人しかできないようなことは何もしていません」(前同)

 現金以外は信用できない――なんて昔かたぎのお父サンも、聞き捨てならないはず。そこで今回は、50代以上でも今から始められるクレカの「激得利用法」を伝授しよう。

■JCB、VISA…メインカードを設定

 まず第一の鉄則。それは、クレジットカードの優先順位を決めることだ。「クレカを複数枚保有し、そのたびに違うカードを使うことは得策とは言えません。“メインカード”をビシッと決めて徹底的に、そのカードで支払うことで、最終的な還元が大きくなります」(同)

 ここで大事なのは、メインカードに加えてサブカードも設定すること。「利用店舗によっては、使えないブランドもあります。なので、メインがJCBなら、サブはVISAというふうに、別のブランドにしてください。基本的には2枚で十分。3枚目からは、2枚のカードで補えない特典が利用できるなどの場合のみにしましょう」(同)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4