斉藤由貴
※画像は斉藤由貴のデビューシングル『卒業』より

誘惑してもいいですか?」「胸騒ぎください」 84年、明星食品「青春という名のラーメン」のCMで彼女はそうつぶやいた。セーラー服、ポニーテール、切なげな表情、そして清楚な雰囲気……。このCMは、当のカップ麺以上に、ひとりの少女を全国にPRすることになる。当時17歳の少女の名前は斉藤由貴(52)といった。これと前後して、彼女は“ミスマガジン”として、『少年マガジン』(講談社)や、その関連雑誌の表紙&巻頭グラビアを度々飾ることで、ブレイク必至の新人アイドルとして注目されていく。


みぞろぎだいすけ

ミゾロギ・ダイスケ

昭和文化研究家、ライター、編集者。スタジオ・ソラリス代表。スポーツ誌編集者を経て独立。『週刊大衆』をはじめ、各媒体で執筆活動を続ける。

EX大衆 2019年6月号

EX大衆 2019年6月号は
絶賛発売中!購入はこちら