閲覧注意!? ダレノガレ明美の“激ヤセ時代”画像に 「ミイラ寸前」「ガリガリ」と衝撃走る
※画像はダレノガレ明美のインスタグラムアカウント『@darenogare.akemi』より

 3月19日、モデルでタレントのダレノガレ明美(28)が自身のインスタグラムを更新し、驚きの画像を公開した。

 この日、ダレノガレは「痛々しいので2枚目見るか見ないかは自己判断で!」(原文ママ)と、ファンに警告。1枚目に、ライザップのトレーニングで作り上げた現在の理想的なボディ画像、2枚目には、ライザップ開始前の姿の画像を投稿した。

 ダレノガレは「2枚目痛々しい……」とコメント。その2枚目の画像には、ガリガリにやせているダレノガレの姿が。背中の骨はくっきりと浮き出ており、手足の筋肉も落ちてしまったのか、骨と皮しかないように見える衝撃的な画像だった。

 そしてダレノガレは「たぶん40kgしかなくて、全然食欲もなくて1日1食でした!」「だから全然太らなくて……」と、当時を振り返っていた。

 ちなみにライザップのトレーニングを経て、今年2月にダレノガレが公表した体重は44.8キロ。体重は増えたものの、ウエスト、太もも、二の腕、ヒップ回りのサイズはダウンしており、ダレノガレは「本当に素敵なBODYになれた」「ただ痩せてれば綺麗!という時代は終わり!」と、満足そうにつづっていた。

 そんなダレノガレの激ヤセ時代の画像に、ファンは騒然。インスタには「2枚目は本当に骨骨しくて、美しいって言えない」「女性のガリガリに痩せることへの美学って間違ってるよね」「2枚目はヤバい! 心配になるレベル」「ここまでとは……メンタルやせだったのかな」「ミイラ寸前やん!」など、驚くファンのコメントが相次いでいた。

 体重が減ったからといって、必ずしも美しい体になるとは限らないようだ。

※画像はダレノガレ明美のインスタグラムアカウント『@darenogare.akemi』より

あわせて読む:
・福士蒼汰&ダレノガレ明美「合コン報道」に、“意外な激怒”?
・ダレノガレ明美、インスタで「意外な容姿コンプレックス」を激白
・10.5キロ激ヤセの菊地亜美、“胸事情” にファン驚愕