吉川ひなの「親としての責任を放棄してるわけではない」子育てルールに持論
※画像は吉川ひなののインスタグラムアカウント『@hinanoyoshikawa』より

 3月16日、モデルの吉川ひなの(39)が自身のインスタグラムを更新。子育てに関する考えについて明かした。

 この日、吉川は海辺に立つ娘の後ろ姿の写真とともに「娘のクラスでは、定期的に先生と親たちだけで話し合いをしてるんだけど、つい最近のミーティングで議題にあがったのがこどもたちの持ち物について」「あるお母さんが、こどもの持ち物についてまで考えていられないから、先生がクラスの持ち物についてルールを決めてほしい、と言ったの。でも先生は、持ち物に対してルールは決めたくない。なぜならば自分はクラスのこどもたちを信頼していて、もしなにか問題が起きたときはその都度みんなできちんと話し合う。彼らをルールで縛ったら、自分も信頼されなくなる。とまっすぐ答えたの」と娘の学校での保護者と先生とのやりとりについて報告。

 さらに「わたしたち(わたしとオット)にとってその答えは本当に感動的で、賛成しかない」と続け、彼女自身も娘の持ち物をチェックしたことはないと明かした。その理由について「それはわたしは娘を信頼しているからで、でももしなにか持って行って問題になるようなものがあったらその場で誰かに叱ってもらったり、考えたり、話し合ったりするのは娘にとってとても有り難い学びだと思っていて、決して親としての責任を放棄しているわけではない」と述べている。

 彼女の子育て論についてファンからは「私もその考えに賛成」「そんな育て方ができるってステキです」「読んでいて涙が出ました。素晴らしいお話をありがとう」「自立心ってそうやって育っていくものですよね。自分もそうだし、日本の先生にも学んでもらいたいな」と賛同のコメントが多数寄せられている。

 ハワイやLA、東京を行き来しながら、2人の子どもを育てている吉川。今後も国際的な価値観を持つ彼女ならではの子育て論を発信してくれそうだ。

※画像は吉川ひなののインスタグラムアカウント『@hinanoyoshikawa』より

あわせて読む:
・吉川ひなの、まさかのマッパに!? 「ドキッとした」
・吉川ひなの、インスタ画像の加工疑惑に反論
・吉川ひなのに田中律子、美女たちがヨガにハマる理由とは