藤井フミヤ、妻の前で「キョドる」にダウンタウンも大ウケ
※画像はイメージです

 3月15日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に、デビュー35周年になる歌手の藤井フミヤ(56)が出演。結婚のエピソードや恐妻家ぶりを明かし、ネットでは「すてきな夫婦関係」と称賛の声が上がった。

 1980年代、チェッカーズのボーカルとして人気絶頂の中、突如結婚を発表した藤井が、今だから話せる“結婚を決意した”あるきっかけについて語った。

 藤井は、当時つきあっていた彼女と、その両親を羽田空港まで車で迎えにいった帰りの道中、車のエンジンが出火し、立ち往生したという。普通なら“ひどい目に遭った”で終わりだが、そのとき、偶然現場を芸能レポーターに目撃されて、“彼女と両親がいるのでこれは結婚じゃないか”となり、藤井の自宅マンションには全テレビ局が押し寄せる事態になった。藤井は、「それで、逃げ場ないから、んー、結婚するかってことで」と、当時を振り返った。

 この言い方に、ダウンタウン浜田雅功(55)は「“しゃあなし”みたいに」とツッコみ、松本人志(55)からも「次の炎上しますよ」とたしなめられていた。

 奥さんとはチェッカーズが売れる前からのつきあいだったが、チェッカーズ全盛期の頃は浮いた話もあったと言う藤井に、松本が「今さら奥さんもヤキモチ焼かないでしょ?」と質問すると「いやいや、そんなことはない」と即座に否定。

「本当にね。(浮気に)時効がないよね」と、30年も前の浮気について、いまだに昨日のことのように言われていると告白した。

 図らずとも浮気をしていたことを認めた藤井に、松本が「なんで(浮気が)バレるんですか?」と尋ねると「女の勘ってね、すごいじゃない。女の勘がすごいときに、ボロッと何か落っこったり、出たりしちゃうんだよね。神様が手伝うというかね」と苦笑い。

 さらに藤井は、奥さんから問い詰められると「キョドる」と明かし、「あれが本当にダメだね。たとえばステージ上で歌詞を間違えても澄ました感じでいるけど、カミさんだけは世の中で一番怖いんだろうね」としみじみと語り、松本らを笑わせていた。

 この藤井の恐妻家ぶりにネットでは「“浮気に時効はない”は名言」「奥さんが怖いって。普通のパパで普通の旦那さんなんだって安心感がある」「キャラづけじゃなく“カミさんが一番怖い”ってテレビで言えるのはすてき」「奥様に頭が上がらないところも好き」という感想が上がっていた。

 今は奥さん一筋!?

あわせて読む:
・山崎夕貴アナ、夫を「タイガーか!」罵倒の日々!?
・後藤真希、不倫まるバレ「昼顔裁判」でママタレ廃業!
・矢作兼、篠田麻里子の結婚相手に苦言「一番浮気するやつ」