日テレ・上重聡アナ&ラルフ鈴木アナ「不祥事連合」番組がまさかの逆襲!
※画像は日本テレビ『バゲット』番組公式サイトより

 日本テレビに、ちょっとした異変が起きている。予想外に評価をじわじわ上げてきている番組があるというのだ。

「朝の情報番組『バゲット』です。昨年10月の番組スタート時は芸能人を起用せず、出演者全員が日テレアナウンサーという構成で、、局内からは”パッとしない””なにがやりたいんだ?”とネガティブな意見しかなかった。視聴率も当初は視聴率2%程度と低迷していましたが、ここ最近は4%に迫る数字を獲得するなど、この時間帯の番組としてはまずまず。視聴率的にはすでに、昨年9月まで同時間帯で放送していた『PON!』と大して変わらず、芸能人を多数起用して制作していた『PON!』と比較して、局アナ中心の『バゲット』のほうが圧倒的に制作費が安いので、“コスパは抜群”と上層部は満足しているようです」(放送作家)

 そんな『バゲット』の日替わりレギュラーの水曜日担当には上重聡アナ(38)が、そして木曜日担当としてラルフ鈴木アナ(44)と上重アナが隔週で出演している。

 上重アナといえば、2015年4月2日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で、前年に自宅の高級マンションを購入した際、ABCマートの創業者から1億7000万円という多額の融資を無利息で受けていたことが発覚。さらに、同創業者が所有する高級車「ベントレー」を乗り回していたことも明らかになった。

 上重アナはこれを受け、同日に謝罪コメントを発表。翌日の3日には当時出演していた『スッキリ!!』(現『スッキリ』)の番組開始直後に「大変申し訳ありませんでした」と改めて謝罪した。

 いっぽうのラルフアナの所業も『週刊文春』で報じられている。こちらは、昨年6月14日発売号で、NEWSの手越祐也(31)が未成年女性と飲酒していたと報じられたが、この現場にラルフアナも同席していたとされる。また、手越とラルフアナは6~7年前からの親友で、合コン三昧だったことも報じられていた。

  1. 1
  2. 2