追悼・内田裕也「勝新太郎と大げんか」譲らなかったロッケンロール魂
画像はイメージです

 新元号を待たずして、また一人の大物がこの世を去った。

「3月17日午前5時、ロック歌手の内田裕也さん(享年79)が肺炎のため亡くなりました。裕也さんといえば、昨年9月に、40年以上別居していた妻の樹木希林さん(享年75)が亡くなったばかり。先に天国へ向かった希林さんの後を追いかけ、“ありがとう”の言葉を直接かけに行ったのかなといわれています」(芸能プロ関係者)

 今回、内田の逝去とともに報じられるのは、常識を超えた内田と樹木の夫婦愛の逸話や、ぶっ飛んだ内田の破天荒エピソードが多い。しかし長年、内田と公私にわたって交流があった俳優の若山騎一郎さん(54)は、「裕也さんは歌手としても、そして俳優としても、やはり天才だったと思います」と語り、こう続ける。

「大したヒット曲がないといわれるけど、歌うと抜群にうまい。俳優としては、僕の叔父である勝新太郎の監督作、映画版『座頭市』が素晴らしいと思います」

 1989年に公開された『座頭市』。興行収入11億円を叩き出した同作には監督で主演の勝、緒形拳、蟹江敬三、樋口可南子ら一流俳優が出演していたのだが、

「裕也さんは赤兵衛という役を演じたんですが、当初は、もっと主要な役どころだったようです。そうしたことへの不満もあったのか、撮影中は蟹江さんに喧嘩を売ったりもしたそうですが(笑)、演技は抜群だった。周囲の一流どころを食う存在感で、『座頭市』は勝の叔父ちゃんと裕也さんの才能のぶつかり合いの作品だと思っています」(前同)

 銀幕のスーパースター・勝にかわいがられていたという内田。周囲がひれ伏す絶対的な存在だった勝に、内田は一度だけ食ってかかったことがあるという。

「あるとき、勝の叔父ちゃんが裕也さんのことを“バカが”と、なにげなく言ったんです。すると裕也さんが“バカバカ言わないでくださいよ!”と声を荒げた。安岡力也さん、ジョー山中さんや僕らは凍りつきましたよ。これに、勝の叔父ちゃんが“バカって言ったらバカだろうがッ!”と怒鳴り返した。すると、裕也さんは“はい……”と静かになりましたね」(同)

 みんなに愛されたロッケンローラーは、天国へと旅立った。

 3月25日発売の『週刊大衆』では最新芸能情報を多数掲載。ジョン・ウー監督作品で長澤まさみが挑戦したという“バストトップ解禁”の新情報について詳しく報じている。

あわせて読む:
・加藤浩次「おまえ、気合入ってんな」内田裕也さん“激怒”電話の一部始終
・長澤まさみ、吉田羊、筧美和子の「理想のキス」大胆発言
・樹木希林も激怒する?『カメラを止めるな!』日本アカデミー賞スルーの裏側