二宮和也(嵐)
二宮和也(嵐)

 1月27日、国民的グループ「」が2020年12月31日をもって活動休止することを発表し、日本中に衝撃が走った日から、早2か月弱――。

 メンバーの二宮和也(35)は以前からさまざまな媒体で、2020年末の活動休止を待たずに交際中の元フリーアナ・伊藤綾子(38)と結婚をするのではないかと報じられてきたが、3月20日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が、伊藤が近しい同僚に「2020年には結婚できそう。それまでの我慢!」と吹聴していると報じた。

「伊藤綾子といえば、二宮との交際を“匂わせる”ことで嵐ファンからバッシングを受けてきた女性です。自身のブログにアップする写真に嵐グッズや二宮の私物と思われるものを写り込ませたりとなかなか巧みだと話題になり、交際が噂になったことで、当時伊藤が出演していた『news every.』を放送する日テレに苦情の電話がかかってきたことまであったそうです。伊藤は2017年3月に番組を降板。翌年の3月には所属事務所を退所して芸能界からは引退しています。今回の『文春』では、これまで伊藤が行ってきた数々の“匂わせ”行為を報じるとともに、“2020年には結婚できそう”と堂々と宣言していたことを報じていました」(女性誌記者)

 二宮と伊藤は、2012年8月に『news every.』で共演し、2014年5月に『VS嵐』(フジテレビ系)に伊藤がゲスト出演したことで急接近。『文春』によると二宮のほうが伊藤に熱を上げ、2015年の夏頃から二宮の家デートを重ねるようになったという。日テレ関係者は話す。

「二宮のほうが熱を上げたというのは納得ですね。伊藤はとにかく色気がスゴくて、彼女と仕事をした人はみんなメロメロになってしまう。『every.』出演時には、打ち合わせ中に脚を組んでいることが多かったのですが、現場ではショーツが見えることがままあったそうです。ときには、いかにも“オトナ”な黒レース。また別のときには、清楚な純白。日によってものスゴくギャップのある色気を振りまいていたそうです。二宮も彼女の計算しつくされたフェロモンに陥落してしまったのかもしれません」

 伊藤が「2020年には結婚できそう」と宣言しているというように、2人は結婚に向けて着々と歩みを進めていると推測されるが、“結婚内定”となると気になるのは、『文春』が指摘する、伊藤が“第二の工藤静香”になるのではないかという一文だ。

「二宮は、昨夏に公開された映画『検察側の罪人』で共演したことで元SMAPの木村拓哉(46)と急速に仲を深めました。昨秋には、二宮が木村の家を1人で訪問し、じっくりと深夜まで話し込んだそうで。おそらく、嵐の活動休止や結婚について話し合ったのでは、とささやかれています。二宮がもし結婚するとすれば、木村家とは家族ぐるみのつき合いになるはず。二宮より3歳年上の伊藤も、工藤静香(48)と同じ姉さん女房です。結婚生活のアドバイスやジャニーズ事務所との関わり方など、静香から指南があると考えるのが自然でしょうね」(前出の女性誌記者)

  1. 1
  2. 2