国分太一(TOKIO)
国分太一(TOKIO)

 3月20日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系) にV6井ノ原快彦(42)が出演。V6結成時のエピソードを語り、視聴者からは「謎が深まってませんか」「V6らしい」との声が上がった。

 V6は「バレーボールワールドカップ」のイメージキャラクターとして結成されたグループで、結成にもバレーボールが深く関わってくるのだが、以前、同番組に出演したメンバーの坂本昌行(47)と三宅健(39)が語った話では、両者の内容に食い違いがあった。

 今回は、坂本と三宅のどちらが正しかったのか、井ノ原がデビュー当時を振り返った。

 井ノ原によれば、グループ結成の話は坂本から最初に電話で知らされたそうで、「坂本くんからいきなり電話が来て、“今度新しいグループがあるから。お前は選ばれてる”」「下(カミセン)と上(トニセン)で分けることをジャニー(喜多川)さんはしたいらしい。それで井ノ原と長野という話も出てる。あと1人、岡田(准一/38)だけはどうしようか迷っているみたい」と聞いたという。

 三宅、森田剛(40)はすでにメンバーとして決定していたが、残るもう1人のメンバーを、Jr.になってまだ2週間しかたっていない岡田にするか、ジャニー社長は迷っていたようだ。

 その後、バレーボールの練習という名目で、井ノ原、坂本、長野と、岡田を含めたジャニーズJr.が集められたが、まだJr.になじめず、一人でいた岡田に、井ノ原らが「バレーボールやるか」と声をかけた。そこにジャニー氏が登場し、「あいつら4人だけじゃないか。バレーボールやってるの」と言って他のJr.を帰らせ、「お前、やる気あるじゃねえか」と岡田をV6に入れたという。

 井ノ原が語ったV6結成話を聞いたTOKIO国分太一(44)は「また新たな情報入ってきましたよ?」と苦笑い。長瀬智也(40)は「真実はなんなの?」と漏らし、松岡昌宏(42)も「V6の誕生は、どこまでがどうなの?」と、困惑した表情を浮かべていた。

 V6の3人が語った三者三様のデビュー秘話に、ネットには「ますますV6の結成秘話の謎が深まってませんか」「もうジャニーさんに聞くのが一番いいんじゃないか」「真相はどうあれ6人は良い巡り合いをしたなぁって思います」「長野さんや森田さんや岡田さんもまた呼んでいただき、ぜひV6結成話の証言をお願いします!」といった声が上がるなど、いっそV6メンバー全員を呼んで話を聞いてはどうかという提案をする人たちもいた。

 今年11月でデビュー24周年を迎えるV6、はたして結成の真実は明らかになるのか!?

あわせて読む:
・国分太一、V6に嵐ら後輩から“ガチ”で嫌われていた!?
・TOKIO城島茂は3位! 男性が選ぶ「おごってくれそうなジャニーズ」1位は?
・嵐「休止宣言」の次は中居正広、長瀬智也、えっ岡田准一も!?「退所説」浮上のジャニーズタレント