外食産業の多くが原材料を輸入に頼っている。円高になれば、生産コストも抑えられるのは道理だ。バブル崩壊後も円高は進み、1995年4月には史上最高値の1ドル79.75円まで上昇。05年までは長期的な円高ドル安傾向が続き、その恩恵を最大限に被ったのがマクドナルドと言える。ここでは主にマックのレギュラーバ…


あわせて読む:
・焼肉でがん!? 居酒屋のツマミ「食べていい」「食べてはいけない」メニュー選び
・コンビニからチェーン店まで…食べていい弁当、食べてはいけない弁当
・「インスタント食品の見分け方」インフルエンザも予防できる!