米津玄師、MV再生1億回突破で話題の『orion』の魅力とは?
※画像は米津玄師のオフィシャルサイト『REISSUE RECORDS』より

 4月3日、シンガーソングライターの米津玄師(28)の公式サイトが更新。楽曲『orion』のMVが1億回再生を突破したことを発表した。

 この日、米津の公式サイト「REISSUE RECORDS」で、「『orion』MV、1億再生突破!」のタイトルでニュースが追加。「『orion』MVがYouTubeにて1億回再生を突破しました!!」とアナウンスした。

 そして「6thシングルの『orion』は、羽海野チカ先生原作 TVアニメ『3月のライオン』第2クールエンディングテーマでした」と、2017年2月にリリースされた『orion』を紹介。最後に「たくさんのご視聴、ありがとうございます!」と感謝のメッセージがつづられていた。

 ちなみに米津は自身のYouTubeチャンネルに、他にも多数の楽曲のMVを投稿。2018年3月にリリースした大ヒット曲『Lemon』のMVは、3億4000万回を超える圧倒的な再生回数を記録しているが、このほかにも「ピースサイン」「LOSER」「アイネクライネ」「打上花火」「灰色と青(+菅田将暉)」も1億回再生を突破しており『orion』は7作目の快挙となった。

 米津にしては珍しく恋愛模様をストレートに歌った楽曲『orion』。その魅力について、ネット上には「下手な恋愛小説読むより、orion聴くほうがずっといいですね」「優しくて美しい大好きな曲です」「心が落ち着く」「控えめに言って神」「いいですね〜爽やかでキュンキュン」「ロマンチックできゅんきゅんする」「ステキな言葉を紡いで作られた曲」など称賛の声が寄せられており、ピュアな歌詞に注目したい1曲だ。

 幅広い層から支持され、桁違いの再生数を誇る米津玄師の名曲の数々。今後も1億回再生を超える楽曲が次々と生まれるに違いない。

※画像は米津玄師のオフィシャルサイト『REISSUE RECORDS』より

米津玄師の新曲MV「Orion」(YouTube)

https://youtu.be/lzAyrgSqeeE

あわせて読む:
・米津玄師「こんな悪人が世にいるのか」批判ツイートが波紋広げる
・米津玄師、野田洋次郎、ヒカキンら、超豪華メンバーがセカオワハウスに大集結!
・米津玄師、HIKAKINら人気ユーチューバーと飲み会にファン衝撃