広瀬すず、“20歳の素顔”に迫る平成最後の永久保存版グラビアの画像
画像は『広瀬すず in なつぞら』(東京ニュース通信社)より

 連続テレビ小説なつぞら』でヒロイン・奥原なつ役を演じる広瀬すず(20)の“20歳の素顔”を撮り下ろしたPHOTO BOOK『広瀬すず in なつぞら』が4月1日発売された。

『なつぞら』は、戦争で両親を失った少女・奥原なつが、父の友人に引き取られ、北海道の十勝の大地で成長していくというストーリー。出演者には、連続テレビ小説第54作目『ひまわり』のヒロインである松嶋菜々子(45)や、第31作目『おしん』のヒロインである小林綾子(46)ら、歴代ヒロインを起用するなど、各所で話題を生んでいる。

 連続テレビ小説の記念すべき100作目のヒロインとして白羽の矢が立ったのが、広瀬すず。今回発売されるフォトブックは、2018年6月のクランクインから収録現場に密着した。貴重なオフショットも満載で、広瀬すず自身が収録現場の様子をリポートする特別企画も掲載されている。

 舞台となる北海道では、緑が溢れる夏と、白銀の世界が広がる冬にグラビア撮影を行った。大自然を背景にした広瀬の“いつもは見られない姿”が多数収められている。また都内での撮影では、ナチュラルなポートレートや、いつもと雰囲気を変えたスタイリッシュな写真も。こちらには、広瀬こだわりのヘアメイク・ファッションが反映されている。

 同書のロングインタビューの中で広瀬は、「一日中お芝居をさせてもらえる毎日がすごく楽しくて。日々“更新”していっている感覚です」と充実ぶりを語っている。

 広瀬すずの‟20歳の今”が詰まった、平成最後にふさわしい一冊となっている。

あわせて読む:
・広瀬すず、松嶋菜々子…NHK朝ドラ『なつぞら』は美女のオールスター戦
・新田真剣佑は5位!「3月のイケメン総選挙」なんと1位が2人の大波乱!?
・安藤サクラ『まんぷく』意外な人気シーンに赤面動揺