宇賀なつみ
宇賀なつみ

 3月末にテレビ朝日を退社し、フリーとなった宇賀なつみ(32)。フリー転身後初のレギュラー番組で、早くも本領発揮の“大暴れ”をしているという情報が入った。

 その新番組とは、4月2日火曜日深夜から放送される『川柳居酒屋なつみ』(テレビ朝日系)。同番組は宇賀アナがゲストとほろ酔いトークをするというバラエティ。ゲストが日頃の鬱憤を川柳というかたちで発表し、一緒に飲む「なつみ女将」がゲストたちの本音を巧みに引き出すという内容で、ムロツヨシ(43)を“常連客”に、初回は俳優のリリー・フランキー(55)をゲストに迎えて収録が行われたという。

「この手の番組では、お酒を飲みながらトークするという体で、実は、収録中はアルコールを飲まないというのが定番なんですが、この番組はガチで飲むそうなんです。そこがまずは普通ではない。ゲストも当然、飲める人がやってくるのですが、宇賀アナがめちゃくちゃ強い。いくら飲んでも変わらないので、スタッフも引くほどあきれています」(テレ朝関係者)

 すでに、何人かの酒豪タレントがゲストに出て収録を終えたそうだが、いずれも宇賀アナの強さには驚いていたようだ。

「何しろ、宇賀アナはテレ朝時代は公式サイトのプロフィールに“得意なものは酒”と書くほどの酒豪。彼女ほど酒の強い女子アナはいないんじゃないでしょうか。2016年に出演した『中居正広のミになる図書館』では、彼女が私生活を明かしていましたが、休日は午後2時からグイグイ飲み始めるそうです。飲むのは発泡酒とワインが基本で、ワインを3本空けたこともあるとか。番組に出ていた管理栄養士から“ちょっと問題”と忠告をくらっていましたね」(芸能記者)

 朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』を卒業し、フリーとなった宇賀なつみ。深夜の「飲み番組」は彼女にとって天職のようなものだろう。

「4月2日放送の回では、リリーさんがビール、ムロさんが焼酎のソーダ割りの飲む中、宇賀アナもビールからスタート。途中、シャンパンに移行し、その後も数種類をガブ飲みしていたそうです。30分番組だからどこまで映像が使われるか分かりませんが……。深夜2時前から放送という相当深い時間の番組なので、宇賀アナも気兼ねなく飲めるのでしょうね。それにしても強いそうです!」(前出のテレ朝関係者)

 くれぐれも飲みすぎてハメをはずさないようにご注意を!

あわせて読む:
・小川彩佳アナ、“四面楚歌”タブー移籍後の「意外な身の振り方」
・加藤綾子アナは正念場、あの“フリー女子アナ”は生き残れるか?
・小川彩佳アナと加藤綾子「34歳」報道キャスター “一人ぼっちの闘い”