上西小百合氏
上西小百合氏

 4月4日、元衆議院議員の上西小百合氏(35)が自身のツイッターを更新。塚田一郎国土交通副大臣の“忖度”発言について言及した。

 この日、上西氏は塚田副大臣の忖度発言に関して、3度に分けてツイート。「本当にしたなら『忖度した』なんて絶対言わない」「副大臣クラスに忖度できる権力なんかない」と力説した。

 塚田副大臣は4月1日、本州と九州を新たに結ぶ道路事業の調査をめぐって、安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相の意向を「忖度した」と発言。野党だけでなく、与党内部からも批判の声が上がっていた。

 さらに上西氏は、「忖度できる権力を本当に持っている(使ってるかは別です)とすれば、総理大臣とか、とにかくずっと大臣してる人くらい」「つまり塚田副大臣は単なるカッコつけのお馬鹿さん」とツイートし、バッサリ切り捨てた。

 そんな上西氏のツイッターには、「説得力あるなぁ」「共感します」「納得」「権力のある人は権力を見せない。言葉の弾み」「テレビでコメンテーターがいろいろ言ってますが、貴女のコメントが一番しっくりくる」といった賛同のコメントが多数寄せられていた。

 そして5日、塚田一郎国土交通副大臣は「多大なご迷惑をおかけした。あらためて謝罪したい」と述べ、辞意を表明した。

あわせて読む:
・今井絵理子に上西小百合…「呪われた83世代」とは?
・上西小百合氏、ツイッター炎上に猛反論「迷惑をこうむっているのは私」
・上西議員、東国原を「売名行為」発言も「その発想が痛い」と支持得られず