特集・日本の歴史は忍者とともにあった!?
画像はイメージです

 情報収集、要人暗殺、破壊工作……。あらゆる特殊任務をこなした忍びの者たち。最新の調査で判明した虚構と現実が交錯する“忍者の真実”を一挙公開!!

■壬申の乱でも暗躍!? 忍者発祥の謎を探る

 忍者を意味する「間諜」という言葉が初めて歴史に登場するのは、奈良時代に編纂された『日本書記』だ。この中に「新羅の間諜(うかみ)である迦摩多なる人物が対馬に上陸したので捕まえて上野国(現・群馬県)に流罪とした」という一文に、初めて「間諜」=「忍者」という言葉が現れる(それ以前、聖徳太子の時代に忍者がいたとする説もある)。当時日本は百済の任那に日本府を置いていた関係で、隣国の新羅とは緊張関係にあったため、諜報活動が活発だったのだろう。

 一方、三大忍術書のひとつ『萬川集海』には“多胡弥”と呼ばれる人物が忍びの祖だと記されている。日本の古代史上、最大の乱とされる「壬申の乱」(672年)では、勝利した大海人皇子の下で情報収集をはじめ、焼き討ちや夜討ちなどのゲリラ戦術を用いて大友皇子を倒したとされる。

 また、忍術は大陸(中国)から伝来したとする説もある。なかでも、秦の始皇帝の命を受けて来日した徐福を忍者の祖とする説は根強い。中国では兵法家・孫武の時代より間諜を重んじていたため、日本の忍者のベースとなる諜報技術が早くから完成されていたのかもしれない。

■天下乱れて需要急増 戦国乱世の跳梁跋扈

 次第に間諜技術を進化させていった忍者は、源平争乱でも大活躍する。この時代の忍者マスターといえば、“義経流忍術”の祖とも言われる源義経だ。

 義経は鞍馬山で天狗から剣術指南を受けた伝説を残すが、天狗とは修験者(山伏)のこと。義経は修験者から鞍馬八流の跳躍術を身に着けたという。さらに『義経記』によれば、義経は鬼一法源という陰陽師の下で学び、兵法の奥義を会得し、義経流の奇抜な戦略や鞍馬流とも言われる刀剣術を身に着けたとされる。これらが後の義経の超人的な活躍の基礎となったのである。

 大楠公として知られる南北朝時代の英雄・楠木正成もまた、忍者マスターのひとりとされる。正成が用いたゲリラ戦術は、戦場働きを得意とする“ 戦忍(いくさしの)び”の源流となる。いずれにせよ、世が麻の如く乱れると忍者の需要が高まっていく、という公式がありそうだ。

 その意味で、史上もっとも忍者が活躍した時代が戦国時代である。天下を狙う各地の戦国大名、豪族、神社仏閣、商人衆といった諸勢力が入り乱れたこの時代、有力者は諜報や特殊任務のプロである忍者たちを競って雇い入れた。武力を持たない朝廷も、「御所忍び」と呼ばれる忍者を用いていたとされる。

 そうした忍者の一大供給地となったのが、伊賀と甲賀だ。両地は“忍者の人材派遣業”に精を出したが、長期契約をモットーとする伊賀に対し、甲賀は“ひと仕事いくら”で請け負う短期派遣を売りにした。

  1. 1
  2. 2