■女子アナユニット栄枯盛衰

夏目三久(元日本テレビ/07年入社)
葉山エレーヌ(元日本テレビ/06年入社)
鈴江奈々(元日本テレビ/03年入社)

 日本テレビは開局○周年記念として、これまで定期的に女子アナユニットを結成してきた。40周年のDORAに始まり、50周年にBORA(馬場典子アナ、古市幸子アナ、延友陽子アナ)、そして2008年の55周年にはgo!go! ガールズ(夏目三久、葉山エレーヌ、鈴江奈々)が誕生。どれも話題になったが、小熊美香アナを中心として2009年に結成したベアーズは、メンバーのスキャンダルで不発に。以降、ユニットは作られなくなってしまった。

■ミス慶應が女子アナの登竜門に

ミス慶應2000 鈴江奈々(元日本テレビ/ 03年入社)
ミス慶應2001 竹内由恵(テレビ朝日/ 08年入社)
ミス慶應2002 ファイナリスト 秋元優里(フジテレビ/ 06年入社)
ミス慶應2006 青木裕子(元TBS / 05年入社)

 第3次女子アナブーム、その中心にいたのはミスキャンパス出身女子アナたちだった。なかでも「ミス慶應」受賞歴を持つ女子アナたちは、瞬く間にスターダムに駆け上がっていった。「まず、1999年度のミス慶應だった中野美奈子アナがブレイクし、それに続くようにTBSの青木裕子アナやテレビ朝日の竹内由恵アナが大人気アナに急成長。ミス慶應のブランド価値は急騰しました」(女子アナウォッチャー)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4