浅田真央
浅田真央

 いよいよ令和の新時代へ! 新元号元年の今年、ぜひ足を運んでほしい、あの有名人も訪れた“最強の開運神社”を紹介。さらに、訪れた有名人たちが運と幸せを手に入れることのできた理由を、話題の新刊『全国1万社を巡った僕が見つけた 開運!あやかり神社』の著者で、神社巡拝家の佐々木優太さんに解説してもらった。

 ※   ※   ※

 いよいよ令和の新時代へ! 新元号元年の今年、ぜひ足を運んでほしい、あの有名人も訪れた“最強の開運神社”を紹介。さらに、訪れた有名人たちが運と幸せを手に入れることのできた理由を、話題の新刊『全国1万社を巡った僕が見つけた 開運!あやかり神社』の著者で、神社巡拝家の佐々木優太さんに解説してもらった。

 今回は、元フィギュアスケーターの浅田真央が持っている「白い氣守」で人気となった埼玉県秩父市にある三峯神社。真央の姉で、現在はタレントやスポーツキャスターとして活動する浅田舞が、2013年に放送された旅番組でここを訪れた際に「妹のために」と頒布を受けたのが、毎月1日のみ頒布されるこの「白い氣守」だった。

 その後、「浅田真央ちゃんも持っているお守り」として大人気に。どれほどの人気だったかというと、「白い氣守」の頒布の日には三峯神社への道が大渋滞となり、普段は車で1時間の道のりに8時間もかかってしまったことがあったほど!

「僕も参拝させていただいたことがありますが、素晴らしい神社ですよ。標高1100メートルの神域に鎮座している歴史ある神社で、空気も澄んでいるので、境内を歩くだけでも気持ちがいいんです。ただ、山のずっと奥にあるので、行くのはとても大変です。

 それに、三峯神社までの道のりは1本道で、他に迂回路もありません。昔は限られた人しか行けない特別な場所だったのでしょうね。みんなそこにお参りに行きたくて、何日もかけて参拝に訪れるような神社でした。今も皆さん、1日がかりで訪れるような神社ですが、その価値は十分にあると思います。

 また、三峯神社を創建したヤマトタケルがかつてこの地に立ち寄った際に、道案内をしたと言われているのが、この地に生息していたオオカミです。そのため、三峯神社の境内には、狛犬の代わりにオオカミの像が鎮座しています。珍しいこのオオカミ像を見に行くだけでも楽しいですよ」(佐々木さん)

 あまりの人気に、残念ながら現在は「白い氣守」の頒布は中止になっているが、その他のお守りは頒布を受けることができる。また、今は渋滞も解消され以前よりも訪れやすくなったようだ。旅気分で、関東随一と言われるパワースポットの三峯神社に参拝に行ってみてはどうだろう。

三峯神社(みつみねじんじゃ)
住所:埼玉県秩父市三峰298-1
アクセス:西武線「西武秩父」駅から、バスで約1時間30分

【プロフィール】
佐々木優太(ささき ゆうた)
神社巡拝家、ラジオパーソナリティー。昭和59年7月7日生まれ、兵庫県出身。これまでに参拝した神社は1万以上、拝受した御朱印は3600を超える。神社の歴史や文化への造詣も深く、神職や一般の方に向けた講演会活動なども行う。近著に『全国1万社を巡った僕が見つけた 開運!あやかり神社』(双葉社)。