中居正広
中居正広

 元SMAPの中居正広(46)の新しい冠番組『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)が4月27日に放送スタートした。中居にとって『サンデージャングル』(同局系)以来、19年ぶりのニュース番組出演となる。

 バラエティ、スポーツ、音楽と、さまざまな番組でMCを務めてきた中居だったが、3月いっぱいで『中居正広の身になる図書館』(同局系)と『ナカイの窓』(日本テレビ系)が立て続けに打ち切りとなり、慣れないニュース番組のMCである同番組は、心機一転のスタートだった。

 番組冒頭、中居は「私でも分かるような身の丈に合った番組を目指してまいりたいと思います」とあいさつ。コメンテーターの古市憲寿(34)に「アイドルなのにニュース番組大丈夫なんですか?」と問われると「僕、全然分からない」と答え、「僕が思うにはね!」などと、バシッと意見を言うことはないと笑った。

 続いて、1週間の出来事をランキング形式で振り返る、“ニュース・アンダーライン”コーナーの後、元NHK解説委員の柳澤秀夫(65)が200年ぶりの「退位の儀式」について詳しく解説。さらに、“中居正広のスペシャル対談”と題して、巨人の原辰徳監督(60)との対談も実現した。

 初回を見た中居ファンには、ツイッター上で「報道番組のように堅苦しくもなく、かといってワイドショーみたいなこともなく、分かりやすく、親しみやすかった!」などと好評だったが、一方で柳澤が話しているときに余計な合いの手を入れてしまい、話が聞きづらかったという苦言も。これは番組を面白くしようと、つい相手をイジってしまう、中居のクセだと指摘されていた。

 中居正広のニュース番組、しかもダウンタウン松本人志(55)がMCを務める『ワイドナショー』(フジテレビ系)と同じく週のニュースを振り返る内容だったりと、なにかと注目された初回の放送。しかし中居の進行以外にも、対談相手がファンにはおなじみの原監督だったりと、内容に新鮮さがないなどの厳しい声もあがっていた。多くの人気番組を作り上げてきた中居だけに、今後の巻き返しが期待される。