安田記念をミスFLASH2018ファイナリストとセキネ記者が大予想! 31日(金)18時~

 好評配信中の日刊大衆競馬予想生配信。今週は安田記念だが、まずはダービーを振り返りたい。

 大波乱だった令和最初の日本ダービー。圧倒的1番人気のサートゥルナーリアが、まさかの出遅れで中段後方からの競馬になり、直線ではよく追い上げてきたが、最後はヴェロックスにも差されて4着が精いっぱいだった。勝ったのは、リオンリオンの大逃げを2番手で進み、結果的に自らが逃げているのと同じになったロジャーバローズ。1番枠という絶好枠を生かした浜中騎手の騎乗も見逃せない。セキネ記者と知香里の予想は、くしくもヴェロックス本命で一緒だったが、3着という微妙な結果に。残るは安田記念と宝塚記念なので、気合を入れて配信します! ここにきて、ようやくネット環境も整いましたので、配信ミスも起こる可能性ほとんどなし! 上半期、残り2戦、よろしくお願いします。

 さて、安田記念は、なんといってもアーモンドアイとダノンプレミアムの2強対決に注目が集まる。アーモンドアイは凱旋門賞を断念したものの、牝馬ながら日本で一番強い競走馬として結果を残せるか。単勝は2倍前後になりそうだ。かたやダノンプレミアム。ダービーで唯一の敗戦、6着以外はすべて勝っている。先行してそのまま押し切るスタイルも、今の東京競馬場にピッタリで、こちらも単勝は3倍前後に落ち着くだろう。そのほかにもG1メンバーがズラリと並ぶ豪華布陣。2強の足元をすくう馬が出てきても、けっしておかしくはない。

 この大一番をセキネ記者とミスFLASH2018ファイナリスト・岡田ちほがガツンと予想。今週はいつもより1時間早いです! ご注意ください! 特設ページはこちらhttps://youtu.be/j3cVqmsmFKM)。リマインダー設定をお忘れなく! 5月31日(金曜日)18時、どうぞお楽しみに! 

あわせて読む:
・武豊「G1日本ダービー、すべての競馬人が憧れる最高の舞台へ」
・武豊「“平成の悔しい思い出”を教訓に!」
・「8割当たる」は本当だった! オーラ予想的中のヴィクトリアマイル