福山雅治
福山雅治

 2019年の春ドラマも放送開始から2か月近くが過ぎ、勝ち組、負け組が明確になってきた。ここでは、不調といわざるをえないドラマ3作品の不振の理由を考えてみよう。

 まずは1桁視聴率を連発している『集団左遷!!』(TBS系)だ。初回放送こそ平均視聴率が13.8%(ビデオリサーチ調べ/関東地区/以下同)と好スタートだったが、第6話では7.8%までダウン。福山雅治の主演、『下町ロケット』などで知られる日曜劇場という人気枠。ヒットする要因はそろっていたのだが、不調の原因はズバリ「必要以上の元気よさ」だろう。

 主演の福山はこれまで『ガリレオ』(フジテレビ系)でキレキレの物理学者を、10年の大河ドラマ『龍馬伝』(NHK)では坂本龍馬を演じ、重厚な演技が評判になった。それだけに『集団左遷!!』でテンション高く「がんばれ!」を連発する銀行員の片岡は、しっくりこない。また、日曜劇場らしからぬコメディなタッチも「必要以上の元気よさ」を感じ、『半沢直樹』のような重厚な作品を求める日曜劇場ファンにはつらいだろう。もう少しテンションを落としてくれたら、もっと視聴率は上がるかも?

 次に挙げたいのが『あなたの番です』(日本テレビ系)だ。こちらも視聴率6%から7%台と低空飛行中。最高視聴率15%を超えた同枠前クールの『3年A組-今から皆さんは、人質です-』の直後なだけに、この結果は残念だ。『3年A組』が学園モノとミステリーの見事なコラボだったのに対し、本作は毎週誰かが交換殺人で命を落とすという重い話で、日曜の夜にゆっくり見たい作品とは言いにくい。

 前々クールが『今日から俺は!!』、前クールが『3年A組』と若年層のファンに人気な枠だったのもマイナスだ。主演の田中圭原田知世は人気、実力もトップクラスの役者だが、若い視聴者にフィットしなかった感は否めない。そのうえ、2クール半年と長期間の放送ということもあり、ゆったりした展開に視聴者が飽きてしまったのではないだろうか。今後は新キャスト投入など、新展開に期待したい。

 これら2作とは少し違った理由で人気が上がらないのが、『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)だ。こちらは同じくフジテレビで10年に竹内結子主演で放送された、『ストロベリーナイト』のリメイク版。竹内版は映画化するなどヒットしたが、二階堂ふみ亀梨和也のダブル主演となった本作は、視聴率が6%台と低調だ。

 その最大要因は前作ファンがすでに一定数、存在していたということ。キャスト総入れ替えとなった上に設定も変更されたため、スタート前から拒否感を示す意見がネットに散見された。放送スタート以降も批判的な声はさらに増え、前作ファンは完全に離れてしまったようだ。重苦しいトーンながらサスペンスとしての質は悪くないだけに、今後に期待したい。

 このように不調ドラマには、それぞれ原因があるようだ。『集団左遷!!』『ストロベリーナイトサーガ』は難しいが、『あなたの番です』はまだ改善する時間はある。今後の奮闘に期待したい。

あわせて読む:
・福山雅治は3位!「デートしてみたい」ドラマ“イケオジ”俳優ランキング!
・『劇場版おっさんずラブ』ビジュアル&特報映像解禁にファン興奮「ニヤけが止まらない」
・亀梨和也が激怒!? ドラマ『ストロベリーナイト』「二階堂ふみ拒否」事件