石田ゆり子、病気の赤ちゃん猫を保護「お節介な気持ちから……」
※画像は石田ゆり子のインスタグラムアカウント『@snowhoney3ohagi』より

 6月16日、女優の石田ゆり子(49)が自身のインスタグラムを更新。病気を患った小さなマンチカンの子猫を保護したことを明かした。

 この日のインスタで、石田は「手のひらにすっぽり収まるほどのちいさな子猫を一時的に、お世話させていただくことになりました」とファンに報告。

 続けて石田は、「動物病院にて保護されていたのですがあまりの小ささに驚き、真菌と風邪の治療中ということで他の猫たちとも隔離されていて……」「ほとんど発作的にうちで、なおるまで面倒みますと申し出てしまいました」と、その子猫は200グラムととても小さく、感染症を患っているという。

 この真菌という感染症は、1か月弱は薬による治療が必要で、石田は「その短くはない期間、すこしでもゆっくり安心して目をかけてあげられたらなとそんなお節介な気持ちから、でございます」「隔離できる部屋があることと、私にすこし時間があることが決め手でした」と、保護した理由を説明した。

 さらに石田は「こんなちいさな子がいわゆるペットショップで売られるためのオークションに出されていたことに驚き悲しくなります」と、生後1か月の弱った体でオークションに出されていた子猫の現実を嘆いていた。

 その後の投稿で、石田はこの子猫の仮名を「ばぶお」と命名。まだ食は細いものの、石田が献身的にお世話をしている様子がつづられていた。

 そんな石田の行動に、ファンから「ゆり子さんどうぞよろしくお願いします。しかしこの国の生体売買……なんとかならないのか」「この子をみてたら泣けてきました。元気になって欲しい。ただそれだけが願いです」「この現状に涙が出てきます。ゆり子さんの愛情をたっぷり受けて早く元気になって欲しいです」「胸が痛いですね。この子にあたたかな未来がありますように」など、さまざまな感想が寄せられた。

 以前から1匹のゴールデンレトリバーと、4匹の猫を飼っている動物好きの石田。マンチカンの“ばぶお”には一日も早く元気になってほしい。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019.6.15 雨 手のひらにすっぽり収まるほどの ちいさな子猫を 一時的に、お世話させていただく ことになりました。 動物病院にて保護されていたのですが あまりの小ささに驚き、 真菌と風邪の治療中ということで 他の猫たちとも隔離されていて… ほとんど発作的に うちで、なおるまで面倒みますと 申し出てしまいました。 真菌は厄介ですが お薬で治ります。 でもやはり 一ヶ月弱は 完治までかかるそうです。 その短くはない期間、 すこしでもゆっくり安心して 目をかけてあげられたらなと そんなお節介な気持ちから、で ございます。 隔離できる部屋があることと、 私にすこし時間があることが 決め手でした。 それにしても ほんとうに小さい。 200グラムくらいしかない感じです。 こんなちいさな子が いわゆるペットショップで売られるためのオークションに出されていたことに驚き 悲しくなります。 私が見る限りまだ キトンブルーの瞳。 乳歯も生え揃ってないし 生後一ヶ月とすこし ではないかと。 そして驚くほど痩せています。 ゴロゴロと、喉を鳴らしてくれますが ミルクもご飯も自分からは欲さず。 どちらも先ほどシリンジであげましたが たくさんは飲まない。 しっかり様子を見て お世話をしたいと思います。 おちびちゃん、 きょうはゆっくりおやすみ。 あ、 ちなみに、 マンチカンの男の子です。

石田ゆり子さん(@snowhoney3ohagi)がシェアした投稿 -

※画像は石田ゆり子のインスタグラムアカウント『@snowhoney3ohagi』より

あわせて読む:
・キンプリメンバーに似ているとの声も! 石田ゆり子の愛猫があの国民的歌手にそっくりと話題に
・石田ゆり子、インスタの「うっとり撫で回し動画」に話題騒然
・石田ゆり子が公開した“板谷由夏のわんぱく動画”に反響「かわいすぎる」「じわる」