上原浩治、巨人次期監督に急浮上!
写真はイメージです

 アンチですらファンにする、熱き心の大投手。「真の常勝軍団」を作り上げるのは、この男かもしれない!

 今季の正念場を迎えた巨人に、異例のニュースが飛び込んできた。“投げるレジェンド”上原浩治(44)が現役引退を発表したのだ。「“自分に代わり、若手にチャンスを与えてほしい”という、上原らしい潔い引き際でした。ただ、会見でのあの涙を見ると……もう投げられないことへの悔しさがにじみ出ていましたね」(スポーツ紙デスク)

 上原は、巨人のエースとして112勝。メジャー移籍後は、リリーフとして大きな足跡を残した。「日米通算100勝・100S・100ホールドの“トリプル100”は、日本球界初の偉業。メジャーでも過去に1人しか達成していません」(球界事情通)

 そんな大投手のシーズン序盤での引退。球界には大きな衝撃が走ったが、今回、さらに驚くべき一報が舞い込んできた。「実は、巨人次期監督の有力候補に、上原が急浮上しているというんです。これまで“ポスト原”に上原の名前はまったくありませんでしたから、関係者はにわかにざわついています」(球団関係者)

 低迷の続く巨人再建を託され、3度目の指揮を執ることになった原辰徳監督。就任当初から、もう一つの役割を自認していた。「原さんは“(契約期間の)3年でチームを立て直して次の人にバトンタッチしたい”と周囲に語っていた。つまり、後継者問題も託されているんです」(番記者)

 実際、すでに次期監督候補として、数人の名前が囁やかれている。「まずは、前監督の高橋由伸。原監督は、落ち目のチームを押しつけてしまった由伸に、もう一度いい形でユニフォームを着せたいと思っているようです。一方、読売グループの上層部では、いまだに松井秀喜待望論が根強い。また、現役選手の中に、すでに“監督手形”が約束された阿部慎之助もいます」(前同)

 そこに、誰もが想像していなかった「上原」の名前が加わったというわけだ。「実は読売グループの最高首脳が原監督の後継者候補の一人として、上原を挙げたというんです。しかも、これは上原が引退発表する前のこと。引退に際してのリップサービスではありません」(前出の球団関係者)

 考えてみれば、上原は、長い歴史を誇る巨人でも屈指の大エース。これまで候補でなかったのが不思議なくらいだ。「上原といえば“雑草魂”。浪人して大学に進学した苦労人で、反骨心が強い。エリートぞろいの巨人には珍しいタイプなので、監督向きではないと考えられていたようです」(前同)

 ただ、メジャーから日本に帰ってきた上原は、以前の評価を一変させたという。「抑えてベンチに戻ってくると、チームメイトと激しくハイタッチ。阿部や澤村といったベテランにも容赦しないから、ベンチも一気に盛り上がるんです。そんな上原の姿に、上層部はリーダーシップと指導者の資質を感じたようです」(同)

  1. 1
  2. 2