所ジョージ『ポツンと一軒家』危機!「半年持たない」2つの大問題
※画像は『ポツンと一軒家』公式サイトより

 日曜日夜(19時58分~)のバラエティ番組『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)が絶好調だ。

 6月9日放送の同番組の平均視聴率が20.3%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが10日、明らかになった。同番組は、日曜夜の激戦区で初の20%超えを記録したことになる。

 5月19日には19.8%、5月26日には19.0%、6月2日には19.2%と、3週連続視聴率19%台という記録をたたき出し、ついに20%の大台に到達した『ポツンと一軒家』。

 司会に所ジョージ(64)、パネリストに林修(53)を迎え昨年10月にレギュラー化。衛星写真を元に人里離れた場所に“ポツンと”建つ一軒家を探し、そこでの暮らしや住人の人生について密着する教養バラエティだ。

 日曜の同時間帯はこれまで、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)やNHK大河ドラマといった人気番組が放送されており、高視聴率をとるのは難しいと言われていた。

「『ポツンと』はシニア層をターゲットに絞った番組作りをしています。その層の視聴者が興味があるのは、同世代の他人の私生活なのではという狙いが大当たりして、これまで大河ドラマを見ていた視聴者が『ポツンと』に流れてきているといわれています。

 ライバル番組の『イッテQ』は、みやぞん(34)がロケ中に骨折したことが報道されたばかりですが、出演者に無理をさせないよう、以前よりも守りに入った内容になっているとされ、また“お祭り企画”のヤラセ疑惑などもあり、こちらからも『ポツンと』に視聴者が流れているようです」(制作会社関係者)

 絶好調の『ポツンと』だが、テレ朝内では“心配”の声も上がっているという。

「皮肉な話ですが、『ポツンと』の視聴率が良すぎる、と危惧する声があるんです。レギュラー開始時、もちろん期待はあったんですが、ここまでになるとは局内でも誰も考えてはいなかったそうです。というのも、一度視聴率20%を超えてしまうと、局の幹部は、今度はその超高視聴率をキープし、さらに上を求めるものです。また、視聴者からの番組の質への見方も厳しくなってくる。そうした各方面からの高い要求に応えていくのは、制作現場としてはかなりつらいことですからね」(テレ朝関係者)

 と、今後の制作現場への負担が懸念されている。しかし、ある番組関係者は「すでに疲弊しきっていますよ」と語るのだ。いったい、どういうことか!?

  1. 1
  2. 2