アンジュルム
※画像はアンジュルムのアルバム『輪廻転生~ANGERME Past, Present & Future~(通常盤)』より

大森望の極楽アイドル沼 第9回

 蒼井優・山里亮太の結婚報道の余波で、かつてない注目を浴びているのが、ハロプロの12人組アイドルグループ、アンジュルム。

 なにしろ結婚会見で、当の蒼井優の口から、「その界隈の友達たちからは“アンジュルム婚”と言われていて、光栄です」という言葉が出たんだからしょうがない。

 まあこれは、「この結婚を、アンジュルムの曲や歌詞にちなんで○○婚と呼ぶとしたら?」という(ハロヲタ記者として名高い)中島亨兵テレビ朝日芸能デスクキャップのムチャ振りに対する答えだったわけですが、会場が微妙な空気に包まれたかわり、“アンジュルム婚”という言葉は一気に広まり、岡村隆史までラジオで言及する事態に。

 蒼井優のアンジュルムに対する傾倒ぶりはハロヲタの間でもかねてから有名で、足繁くライブに通うのはもちろん、つい最近も、シリアルイベント(CD買うと抽選で参加権が当たる、ファン向けの発売記念イベント)で姿が目撃されたり、ガチのヲタクルム(アンジュルム・ファンの愛称)として広く認知されている。

 昨年10月には、自身がナビゲーターをつとめるテレビ東京系のドキュメンタリードラマ『このマンガがすごい!』のオープニングテーマにアンジュルムの新曲『タデ食う虫も Like it!』(作詞作曲は前山田健一)を選び、みずから振りコピした“踊ってみた”映像を披露。それを同曲の公式PVとマッシュアップしたファン動画の再生回数が、結婚報道後に急上昇し、すでに250万回に達し、同曲公式PVを100万回以上も上回っている。