設楽統(バナナマン)
設楽統(バナナマン)

 6月17日に放送された『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系)に、歌手の浜崎あゆみ(40)のことを愛してやまないアメリカ人男性が登場し、そのあまりのコアなファンぶりに、視聴者から「日本人でも知らないようなことをよく知ってる」と驚きの声が上がった。

 番組スタッフから「何をしに来日したか」を聞かれたアメリカ人男性は、浜崎が表紙の雑誌を床に置いて「イカサマイムヤ イカサマイムヤ」と何度も謎の呪文を唱え始める。スタッフが不思議そうに見つめていると、男性は「これはね。逆再生したときに“イカサマイムヤ”が、“アユミハマサキ”になる」と教えてくれた。実際に逆再生してみると確かに「アユミハマサキ」と聞こえ、これには司会のバナナマンも驚いていた。

 そして男性が来日した理由は、なんと渋谷で浜崎に「偶然」出会うため。いつか渋谷で浜崎に出会えると信じていると語った。先ほどの「イカサマイムヤ」も、浜崎を“召喚”するための呪文だという。そんな彼に密着することが決まり、スタッフは一緒に渋谷の街へと繰り出すことになった。

 渋谷に到着すると、男性は「まずは浜崎あゆみのヒストリーツアーをしてあげるよ」と提案。センター街に着くと、「ここであゆが聖なる足跡を残したんだ」「1993年に放送された『ツインズ教師』(テレビ朝日系)というドラマで、浜崎あゆみはセンター街を歩いたんだ」と語り始め、「だからまず、地面にキスしなければいけない」と、ひざまずいて地面にキスをし、スタッフを驚愕させた。

 また渋谷の“名所”、ファッションビル109に行き、「2001年3月にアルバム『ABEST』とリリースしたとき、この周辺が『A BEST』の広告一色になったんだ」とマニアックな情報を披露し、今度は109の壁にキス。他にも“しぶや百貨店”にて、「あゆはクラブで遊ぶためだったり、ファッションを見るために百貨店に来ていたらしい」と熱心に解説した。

 行動は破天荒なもののコアな情報に詳しい男性に、視聴者からは「呪文を唱えたときは大丈夫か心配だったけど、初めて聞くような情報があって面白かった!」「彼はもう日本に住んだほうがいいと思う」「情報がディープすぎて草」「あゆ好きYOUがヤバかった」といった声が続出。

 いつの日か彼が浜崎に会える日は来るのだろうか。

あわせて読む:
・浜崎あゆみが、海外のホテルの一室で食べていた意外なモノとは!?
・浜崎あゆみ、バストの“谷間のぞかせ”舌をペロリ! 挑発的な表情にドキッ
・蒼井優の夫! 山里亮太、好感度爆上げで「MC界のテッペンを獲る!」