吉田羊
吉田羊

 6月21日に放送された『ぴったんこカン・カン』(TBS系)では、香川照之(53)と吉田羊が酒場ライターの吉田類とともに“酒場放浪”の旅をした。途中立ち寄ったスナックで吉田が生歌を披露し、視聴者から「きれいなだけじゃなくて歌もうまいなんて無敵すぎる!」と話題を呼んでいる。

 3人がこの日訪れたのは、東京都江東区にある門前仲町駅近くの飲み屋街。まずは吉田類が40年近く通い詰めているというお店に行き、お酒だけでなく刺身やサラダといった定番おつまみに舌鼓を打つ。一通り堪能した一行は、次の目的地として再び吉田類の行きつけだという名物ママがいるお店へ向かった。

 2店舗目でもぐいぐいとお酒を飲み続ける3人。すると吉田類が名物ママに向かってカラオケをリクエストした。ママが歌い終えると次に吉田類が歌い、今度はほろ酔いの吉田羊が十八番だというテレサ・テンの名曲『別れの予感』を披露。あまりの美声に、香川も「うまいじゃん! 包むような声で」とうっとりした表情で聞き惚れていた。

 吉田羊の歌声には香川だけでなく、視聴者からも「演技もうまいのに歌もこんなにうまいとかすごすぎ!」「ほんと透き通るような美しい歌声で驚いた」「これはCDデビューしていいレベル」「吉田羊さん、歌上手い!! たまらん」「きれいな歌声。そして面白くてすてき! マイナスのところがないってすごすぎだよ」と絶賛の声が上がっていた。

 吉田羊は2018年発売されたJUJUのアルバム『I』の中で、“HITSUJI”名義でデュエット曲を歌っていた。以前から歌唱力には定評のある吉田羊。歌手デビューする日も近い!?