“バツ4モデル”MALIA.にさんまもあきれ顔、中1の娘が説教も
※画像はイメージです

 6月25日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、モデルのMALIA.(36)が出演。4度の離婚に対し、中学1年生の娘から説教されたことを明かした。

 この日は、元Jリーガーでモデルの三渡洲舞人(26)との離婚を4月1日に発表したMALIA.が、“バツあり女”として登場。番組冒頭、MCの明石家さんま(63)から「4回!? こないだ結婚したってこの番組に登場して、今日登場したら、もうバツ4になってんの!?」と4度目の離婚を驚かれたMALIA.は「戻って参りました!」と笑顔を見せた。

 続いて明石家さんまが「どういう順番だっけ?」と結婚歴を尋ねると、MALIA.はサッカー選手、格闘家、サッカー選手、モデルと自身が結婚した相手を順番に説明。特に4回目の結婚生活はわずか1年半で、「短かったんです」と嘆いた。

 そんなMALIA.は、2番目の夫だった総合格闘家の故山本“KID”徳郁さんとの間にもうけた中学1年生の娘から説教されたエピソードを披露。MALIA.によると、4度の離婚にあきれられたのか、「ママ、人と人って3年とか4年とかつきあってから結婚するらしいよ」と娘に説教されてしまったのだという。

 それを聞いた明石家さんまが「つきあったらすぐ結婚したくなるのか?」と聞くと、MALIA.は「大好きでつきあってる彼に“結婚しよう”って言われたら、“ノー”って言う理由がなくて」と交際して即結婚となる理由を説明。さんまは「“結婚しよう”っていう言葉に弱いの。まあ、女は弱いか」とMALIA.が結婚を繰り返す理由に納得していた。

 放送当日に更新した自身のインスタグラムでは、共演した芸能人カップルのエピソードについて、「結婚って素敵だな パートナーっていいな」と感想を書き込んでいたMALIA.。4度の離婚を経験しながらも、まだ結婚への憧れを抱いているようなので、もしかしたら5度目の結婚があるかも!?

あわせて読む:
・滝沢カレン、明石家さんまを「この男」呼ばわり!?「もっとやれ」
・「ぽっちゃり界の北川景子」大橋ミチ子の水着姿にファン垂涎!
・ローラ、“胸の谷間のぞく”全身ピンクコーデが「セクシーすぎる」と話題