TBS安住紳一郎アナが謝罪「大切なお知らせ」の余波
画像は『ぴったんこカン・カン』公式サイトより

 7月5日放送の『ぴったんこカン・カン』(TBS系)で、安住紳一郎アナウンサー(45)が、『TBS東京オリンピック2020』総合司会に就任することが発表された。その発表方法をめぐって「テレビ業界への信頼がなくなる」と批判の声が上がった。

 3時間スペシャルで放送された同番組では、冒頭から「今夜 安住アナから大切なお知らせが」というテロップを表示。放送前から新聞のラテ欄でも同様の情報が告知され、ネット上には「結婚? 米倉涼子さんと結婚?」「まさかとは思うけど、フリーに転身するんだろうか」「大切なお知らせが気になって仕方がない」「ハッピーな事ならいいな」など、さまざまな臆測と期待が続出していた。

 番組ではゲストの出演がすべて終わった後、3時間スペシャルの大トリとして「大切なお知らせ」が発表されることに。そこでは安住アナから「私、安住紳一郎からお知らせがあるのですが、そのお知らせとは一体なんでしょうか」とクイズの出題があり、最後に回答として、司会就任が発表された。注目度の高さが影響したのか、この日の番組は平均視聴率14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。

 期待して見ていた視聴者からは、「これだけ期待をあおっておいて司会就任って……。さすがに拍子抜け」「本当に大切なお知らせだったときに信じられなくなるから止めてほしい」「とんだお騒がせだったな」と批判の声が続出。安住アナも、今回の番組構成には疑問があったようで、7月7日の『安住紳一郎の日曜天国』(TBSラジオ)で、事の経緯を説明し謝罪した。視聴者からの信頼を損なうと考えた安住アナは、「そういうやり方はやめたほうがいい」と制作側に提言したという。しかし、結局覆すことはできなかったようだ。

 結果、矢面に立つのは出演者たち。安住アナは悪くない!?

あわせて読む:
・安住紳一郎アナ特例昇進で「年収1億」も「フリーなら5億円」!?
・中居正広、悲願「東京五輪の顔」は絶望的!の真の理由
・水ト麻美アナ「日テレ残留」を決めた『S』ボーナスと“安住級”特別待遇