加藤浩次、ジャニーズにも噛みつく「狂犬完全復活」で“株”急上昇中!
画像はイメージです

 元SMAPで、現在は『新しい地図』として活動する稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)の3人。ジャニーズ事務所から独立した彼らを出演させないようテレビ局に圧力をかけた疑いで公正取引委員会(以下、公取委)が調査した結果、独占禁止法違反につながる恐れがあるとして、ジャニーズ事務所を注意していたと報道各社が7月17日に報じた。

 また、7月18日発売の『週刊文春』(文藝春秋)でも、すでに各テレビ局や新しい地図の所属事務所「CULEN」に内部調査が入り、非公式ながらも注意を受けたテレビ局もあったと報じている。

「特に露骨だったのが、2017年11月の雑誌社主催のイベントを取り上げた番組で、『スッキリ』(日本テレビ系)と『めざましテレビ』(フジテレビ系)は、新しい地図の3人を映像から不自然に排除して放送していたと、『週刊文春』では伝えています」(芸能記者)

 ジャニーズ事務所は公取委から注意を受けたとされることに対し、「弊社がテレビ局に圧力などをかけた事実はなく、公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものでもありません」としながらも、「このような当局からの調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したいと思います」と事務所のホームページに掲載した。

 これに噛みついたのが『スッキリのMCである加藤浩次(50)だ。同番組の7月18日放送では、今回の報道について、

「注意にとどまったということなんですけど。これで終わるのかと。僕はね、ジャニーズ事務所に限らずみなさん周知なんですよ」と切り出し、「大手の事務所を独立したタレントは、何年かテレビに出られなくなるっていうのは、僕はテレビを見ている方も気づいている方もいると思う」「この業界全体がこれから新しく変わっていく、次に向かっていくんだっていうきっかけになればいいな、と僕は思っています」と持論を語った。

「『週刊文春』から、2017年に、露骨に元SMAPの3人を排除して放送したと指摘された『スッキリ』と『めざましテレビ』が、この問題をどう報道するのか、業界関係者の間では注目が集まっていました。『めざましテレビ』は、数あるニュースの1つとして取り上げて、出演者からのコメントもありませんでした。

 一方、『スッキリ』は加藤が現在のテレビ業界は変わらなければならないという、かなり踏み込んだコメントを展開して、業界関係者だけではなく、視聴者からも賞賛の声が上がっています。加藤の発言自体がニュースとなって拡散しており、彼の発言の影響力の高さがうかがえます」(制作会社関係者)

  1. 1
  2. 2