加藤浩次「突如トーンダウン」の裏に「紳助激怒」と『スッキリ』の未来

 7月20日、“闇営業”問題の謝罪会見を行った、雨上がり決死隊宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)。22日には所属事務所も会見を開き、「2人の処分撤回」を明言したものの、騒動はいまだに収束の兆しが見えてこない。

 宮迫と亮の会見、所属事務所側の会見を受け、情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)でMCを務める極楽とんぼ加藤浩次(50)は、「経営陣が変わらなければ事務所を辞める」と発言。

 7月23日夜には、加藤と会社側で緊急会談が持たれたものの、話し合いは平行線のまま終わり、24日放送の『スッキリ』では、加藤が今後も会社側と話し合いを継続することを明言した。

「7月28日には『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演したダウンタウン松本人志(55)が、加藤と頻繁に電話で話をしていること、『スッキリ』への出演を申し出ていたことも明らかにしました。そんな加藤は当初、自分自身の進退についてはすでに決まっているとも話していましたが、ここにきて当初の勢いがトーンダウンしているように感じますね」(ワイドショー関係者)

 29日放送の『スッキリ』の占いコーナーで「迷ったときは無難な選択をしてください」とアドバイスされ、加藤が「そうだね。俺も無難にいくか」とつぶやいたことも話題となった。

「この日の『スッキリ』では一連の騒動に触れもしませんでした。加藤がトーンダウンしているのには、松本と電話で話したこともあるでしょうが、それ以外に2つの理由があると聞こえてきています。1つは島田紳助氏(63)が加藤に対して激怒していることです」(スポーツ紙記者)

 2011年に芸能界を引退した紳助氏は、今回の騒動を受けて会社側に宮迫を辞めさせないよう連絡を入れたという。また、『週刊文春』(文藝春秋)をはじめ、多数のマスコミの取材に応じ、会社の体制や松本の言動などについて自身の見解を語っている。

「さらに紳助氏は、7月25日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で、カメラを回さないことを条件に取材に応じ、“(明石家さんまに)連絡しました。8年ぶりぐらい。あいつもみんなもそうですよ。これは一大事だと思うから、知らん顔したらあかんと思って”と、今回の騒動について自分ができる範囲で尽力するという意思を語りました。

 続けて、自らの退社をかけて経営陣の辞任を要求している加藤に対しては、“宮迫とは別の問題だし、円満になってくれたらいいなと思っててね。皆それを願ってて、吉本も、力のある人たちが動いてくれるのは嬉しいね”とコメントを残したんです。そのまま受け取れば、加藤にも感謝しているようにも思えます。ただ今回、紳助氏を取材した記者は、彼から一様に同じ印象を受けた、と話しているそうです。それは、“紳助氏は加藤に対して怒っている”ということ。紳助氏が加藤のことを聞かれ語った“別の問題”という部分でしょうね……」(前出のスポーツ紙記者)

  1. 1
  2. 2