なにわ男子・高橋恭平、天然発言で『さんま御殿』に確実な爪あと残す
※画像はイメージです

 関西ジャニーズJr.で、なにわ男子高橋恭平(19)のおバカ発言に対し、MCの明石家さんま(64)が絶妙なフォローを入れてファンを喜ばせていたようだ。

 この発言があったのは、8月6日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)でのこと。今回の放送は、ボケおバカ軍団とインテリ&ツッコミ軍団がトークを展開するという内容で、高橋は“おバカトップ3”の滝沢カレン(27)、丸山桂里奈(36)、王林(21)とともに“おバカ軍団”として初出演した。

 番組冒頭、以前、関西ローカル番組で共演していた高橋に、さんまは「ここでは初めてか。こないだ会ったばっかりで」と声をかけ、「なにわ男子は東京に来ているの?」と、グループで東京進出したのかと質問。高橋は、今も関西を拠点に活動していて、「仕事でちょくちょく東京に行かせてもらっている」と明かした。

 そして、女性は地理に弱いという話題になり、さんまが丸山に「四国四県言えないやろ」と言うと、丸山は「香川、大分、徳島、九州ですか?」と、四国以外の県名を答えるどころか、地方名で答えてしまう珍回答。続いて、さんまは高橋に「19歳は学校で勉強したばかりやから大丈夫やろ?」と、同じ質問を振ると、高橋は「香川ですよね」と自信なさげに言うと、指を折って確認しながら「え~、山形」と答え、スタジオに「ひえ~っ!?」と驚きの声があがった。

 さんまは体をよじりながら「良かったな、男前で~」とフォローしたが、さらに高橋は「なんか、神戸みたいなのありますよね? 明石?」と、おバカ回答が止まらず。さんまは苦笑いしながら、「俺、四国に1県持ってるの? 明石家県?」とツッコんだ。

 また、“私が苦手な人”というトークテーマで、丸山が人間について意味不明な発言をした流れで、さんまが「“人間は?”とか考えることあるのか」と、高橋に話を振ってきた。しかし、高橋はなぜか質問を無視して、「このまま“苦手な人”の話をしていいですか?」と、トークテーマについて語りたいとアピールした。

 さんまがすぐに「え? ダメですよ」と制して、手元の進行表を確認すると、「高橋くん、選ばれてませんよ」と、事前の打ち合わせで高橋が話していた“苦手な人”エピソードはボツになっていたと暴露し、スタジオの笑いを誘った。

 これを見ていた視聴者は、ツイッター上で「当てられたら一生懸命しゃべってて、めっちゃかわいかった」「ぽわーんって顔してるのに、出番じゃないのに話そうとしたり、頑張ってるのが伝わってきたよ」などと、高橋の努力を喜ぶ声を寄せていた。

 また、今回は“おバカトップ3”の意味不明すぎる発言でトークが破綻してしまい、さんまでも話を整理するのに苦労していたため、「まわりがクセ強すぎて、なかなかトークするのが難しかったけど、緊張する中でがんばりました! 恭平くんおつかれさま!」と、キャラの濃いゲストの中でも、おバカキャラとして結果を残せたと評価する声もあった。

あわせて読む:
・山口達也退所後のTOKIOに代わり…ジャニーズ超大型グループ誕生か!?
・ジャニーズ新社長は滝沢秀明、関西支社長に横山裕!? 仰天新体制情報!
・なにわ男子、浜田雅功の“あのジンクス”でブレイク必至