■山田涼介、櫻井翔…好物や特技が共通しているメンバーたち

 4人目は「NCT」テヨン(24)。彼は“甘い物が大好き”で、お気に入りのお菓子がたくさん詰まった“Myお菓子箱”を手にした写真をNCTの日本版公式ツイッターにアップするなどしてファンたちを喜ばせている。ちなみにHey!Say!JUMPの山田涼介(26)もスイーツ好きで有名で、趣味は“カフェ巡り”。休日に2~3軒のカフェをハシゴすることもあるのだそう。

 5人目のメンバーは「NCT」マーク(20)。グループ内でラップを担当している。マークは高校生のころに韓国の人気ラップサバイバル番組『高等ラッパー』に出演し優勝したこともあるほどの実力の持ち主だ。ジャニーズタレントでラップ上手と言えば、嵐の櫻井翔(37)だろう。嵐のデビュー曲『A・RA・SHI』で披露している軽快なラップが印象深い。

 6人目は「WayV」ルーカス(20)。彼は中国語、広東語、タイ語、英語、韓国語の5か国語を話せることで有名。語学が堪能なジャニーズタレントは数多くいるが、SexyZoneのマリウス葉(19)は、日本語、英語、ドイツ語を話すことができるトリリンガルだ。

 最後7人目のメンバーは「WayV」テン(23)。彼もカイと同じくダンスが得意で、デビューして間もない頃に出演した韓国のダンスマッチ番組『HIT THE STAGE』で披露したダンスが数多くのダンサーから絶賛された過去を持つ。嵐の大野智と並んでダンスに定評があるジャニーズタレントと言えば、King&Princeの平野紫耀(22)。アクロバットも得意でバク転やバク宙も難なくこなすほどだ。

 この秋に米国でのデビューを予定している「SuperM」。日本でいえばV6の岡田准一、嵐の大野智、櫻井翔、Hey!Say!JUMPの伊野尾慧、山田涼介、SexyZoneのマリウス葉、King&Princeの平野紫耀が集結したような、まさに“夢のシャッフルユニット”なのだ。日本での人気の高まりも期待できそうだ。

  1. 1
  2. 2