夏のタピオカは「チャカショウ」のスイカで決まり!
「チャカショウ」の「スイカスムージー」

 夏にぴったりのタピオカといえば、なんといってもフルーツのスムージーやラテがおすすめ。さっぱり飲めるところが魅力で、各店で夏限定の商品も多く出ている。今回は人気店「チャカショウ(茶咖匠)」の限定メニュー、スイカスムージーをチェック!

店舗外観

 今回訪れたのは西武新宿線「野方駅」からすぐのところにある野方店。チャカショウは現在都内に15店舗(大久保、野方、原宿、白山、下北沢、神保町、飯田橋、自由が丘、茗荷谷、仙川、吉祥寺、江古田、田町、巣鴨、渋谷)あり、以前に比べ格段に購入しやすくなっている。なお9月には国立店もオープン予定。

期間限定メニュー

 限定のスイカメニューは4種類。スイカスムージー(650円)、スイカスムージーティー(650円)、スイカスムージー&ヨーグルト(680円)、スイカスムージー&チーズクリーム(680円)だ。スムージーはスイカの果実とミルクを混ぜたもので、スムージーティーはそこに紅茶が加わる。メニューの「飲めるスイカ」の文字が気になる!

「スイカスムージー」

 今回は、スイカスムージー(650円)を注文。パステルピンクがかわいい。気になる味だが、スイカの水っぽさはなく、スイカ味のお菓子のように甘みが強い。タピオカは粒大きめでふにゃふにゃと柔らかく、量も多くて大満足。意外かもしれないが、スイカと黒糖タピオカとの相性はGOOD。混ぜるとさらにお菓子っぽくなる。

 初めは「スイカ味って大丈夫かな?」と不安だったが、さすがはチャカショウ、安定のおいしさだった。チャカショウはこれまでにも春のイチゴスムージーなど、季節に合わせたメニューが登場していた。これは秋の期間限定メニューにも期待が高まる一方だ。

■「チャカショウ(茶咖匠)」野方店
【営業時間】11:00〜22:00
【住所】東京都中野区野方5−28−7 川田ビル1階(西武新宿線「野方駅」南口からすぐ)

あわせて読む:
・台湾発・世界一美しい黒糖タピオカ「幸福堂」ついに日本初上陸!
・原宿タピオカ頂上決戦「幸福堂」VS「汚いタピオカ」黒糖タピ徹底比較!
・ポケモン×タピオカ「糖朝」かわいすぎ完璧コラボレビュー