加藤浩次
加藤浩次

 9月6日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、MCの加藤浩次(50)がジャニーズ事務所からの退所を発表した錦戸亮(34)について語った言葉が、ファンの間で話題となった。

 この日、番組では5日に錦戸が今月いっぱいで事務所を退所することを発表したニュースを取り上げ、錦戸のこれまでの活動などをVTRで振り返った。その後、関ジャニ∞の残りの5人のメンバー、横山裕(38)、村上信五(37)、丸山隆平(35)、安田章大(34)、大倉忠義(34)が連名で発表したコメントを伝えた。

 メンバーのコメントは「出会いから含めると約20年。もう好きや嫌いなんて感情を超えたメンバーです。道は違えど、皆さんにエンターテイメントを届けたいという気持ちに変わりはありません。どうか1人でやっていく覚悟、送り出す事を決めた5人のメンバーの決断をどうにか分かっていただける日が来るように、全員がこれからの活動で示さなければと思っています」というもの。さらに続けて、錦戸のファンに向けての「僕なりの形で、恩返しできるよう努めていきたいと思います。応援していただいた皆様には感謝の気持ちで一杯です」というコメントも伝えられた。

 これについて水卜麻美アナウンサー(32)に感想を求められた加藤は、「錦戸くんの決断っていうのは、僕は尊重したいと思います」とコメント。続けて「自分のやりたい道っていうのが、たぶん自分の中で決まっていると思うので、そこは尊重したいと思う」と言うと、「錦戸くんがこういう形になって、錦戸くんの仕事が制限されない世界、世の中であってほしいなと僕は思いますけどね」と、脱退後の錦戸の活動について憂慮をしていた。

 この加藤の発言に、ファンは敏感に反応。ツイッターには「加藤さん、 いつも言いにくいこと、誰も怖がって触れないこと取り上げて発言してくれてありがとう」や「よく言ってくれはった! ありがとう」など、感謝の言葉が多く上がっていた。

『スッキリ』では、ジャニーズ事務所の出演圧力が疑われた新しい地図香取慎吾(42)が出演したり、同じく新しい地図の草なぎ剛(45)や稲垣吾郎(45)を応援するような言葉を加藤が発し、たびたび話題となってきた。錦戸亮が退所後にどのような状況になるかはまだ分からないが、『スッキリ』ならば、忖度なしに扱うことは間違いないだろう。