前田敦子
前田敦子

 9月9日に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)に、女優の前田敦子(28)がゲスト出演し、独自の子育て論を展開した。番組冒頭で“都バスによく乗っている”と紹介された前田に、MCのくりぃむしちゅー上田晋也(49)が「何で最近都バスに乗りまくってるの?」と質問すると、前田は「子どもが生まれてから、電車だと混むじゃないですか。バスだと意外と移動しやすいというか」と返答。

 さらに前田は「“タクシーに乗る子”になってほしくなくて」「“ママ、タクシーに乗ろうよ”って言ってほしくない」という思いもあり、バスを利用するようになったと続けた。有田鉄平(48)から「(子供が)“お母さんタクシー乗ろうよ”みたいな年なんですか?」と聞かれた前田は、「まだ半年です……」と答え、有田から「たぶん言わないと思いますけどねー」とツッコまれていた。これに対して、前田は「もう記憶があるかもしれないじゃないですか」と反論し、子育てに対するこだわりを見せつけた。

 そんな前田の様子を見た視聴者からは「あっちゃん、すっかりママの顔やん」「芸能人らしからぬ良いお母さんっぷりを発揮してるね」「あっちゃんは一般常識があって好感が持てる!」「確かにタクシーに乗りたがる子どもってちょっと嫌だもんね。あっちゃんの教育方針には賛成です」「あっちゃんは堅実」「都バスに子どもと一緒に乗るあっちゃんをちょっと見てみたい」「意外と家庭的な感じが好き」「アイドルも母になるのか……」と絶賛の声が続出。

 また前田は、出産後の生活リズムが「一気に変わった」とも明かし、子どもが夕方18時半頃に寝てしまうため、前田も気づけば早い時間に就寝するようになったという。夜泣きはなく、「(子どもが)泣いたかなと思って、急いで見にいくじゃないですか。寝言なんですよね」と笑顔を見せ、視聴者からは「ママになってよりいっそうかわいさ増した」という声も多く上がっていた。

 今後はママタレとしての活躍にも期待!