9月12日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が「嵐の“終活”」と題し、2020年いっぱいで活動を休止する嵐5人のメンバーのこれまでと今後について、記事を掲載している。「嵐の活動休止後、芸能界でのポジションが不安視されている相葉雅紀(36)、リーダー・大野智(38)の過去の交際女性への直撃取材、二宮和也…


あわせて読む:
・相葉雅紀『愛は地球を救う』の手紙シーンに賛否の声
・「二宮和也の本命」伊藤綾子が小泉進次郎を一蹴で「2021年婚」へ!
・相葉雅紀はMC、松本潤は演出、櫻井翔は? 嵐5人の「休止後の姿」