ダチョウ倶楽部「久々に披露した熱湯風呂」でハプニングが…!?

 あの熱湯風呂でお馴染みの、お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部(リーダーの肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵)が、そのお湯を作りだす給湯器メーカー・キンライサーのアンバサダーに就任することになり、その就任式イベントが給湯の日である9月10日に、都内で行われた。

 ダチョウ倶楽部といえば、1987年に第5回日本放送演芸大賞 ホープ賞を受賞して以来、テレビ、映画とその活躍の幅を広げていった。特にリアクション芸を得意とし、「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」で、完全にブレイク。1993年には上島が放ったギャグ「聞いてないよォ」が日本流行語大賞大衆部門・銀賞を受賞し、初のゴールデンでの冠番組「王道バラエティ つかみはOK!」が始まるなど(ただし、半年で打ち切り)、日本を代表するお笑い芸人グループである。

 そんな3人もいつになく神妙な表情で登壇。社長より直々にアンバサダーの任命書が授与されると、さっそくアンバサダーとしての初仕事が。それは会場に用意された浴槽で、熱湯風呂を披露することだった。この熱湯風呂は、ダチョウ倶楽部が30年以上も続けるいまや、日本を代表する伝統芸ともいえる、鉄板のお笑いネタ。

 関係者及びマスコミの見守る中、想定外のサプライズが…。はたして何が起こったのか!? 安定の面白さを誇る映像を、ぜひとも下記からご覧ください!

https://youtu.be/VndoY6268t4

あわせて読む:
・宮迫博之vs吉本興業「テープを回していたのは吉本側」重要証言
・相席スタート・山崎ケイが「変態そう」と発言した驚きの相手とは!?【ゆきぽよ、藤井サチ「男をオトすセリフ」動画付き】
・再放送できないテレビ番組「地雷企画」激ヤバ史